中性的な色気と甘美な歌声、奇抜なファッションで’70〜’80年代、圧倒的な人気を博した「ジュリー」こと沢田研二(72)。今年でソロデビュー50周年を迎え、5月28日より記念ライブもスタートさせた。

『勝手にしやがれ』『カサブランカ・ダンディ』など今でも色あせない名曲を歌い続けてきたジュリー。そして名曲を最大限に魅せるステージ衣装やパフォーマンスはとにかく斬新!

特に’70年代後半からは口に含んだウイスキーを吹き出したり、キャミソールなど女性ものの下着を身に着けたり、銀のアイシャドーや金のカラーコンタクトをし化粧を施したりと、独特な世界観で人々を魅了した。

【’77年】『勝手にしやがれ』が大ヒット。頭上のステージライトが星のように輝いて。 【’77年】裸にネイティブ・アメリカン調のアクセサリーでワイルドに。 【’78年】帽子を斜めにかぶり、セクシーに歌い上げるのがジュリー流。 【’78年】ビジューが輝くギンギラの衣装はよろいがモチーフ。 【’78年】帝国劇場のロックミュージカル『天草四郎』に出演。ふんどし姿で十字架を背負って。 【’82年】『6番目のユ・ウ・ウ・ツ』の衣装。ビーズで自身の顔が刺繍されている。髪は緑と紫のメッシュを入れて。 【’89年】音楽番組『郷ひろみの宴ターテイメント』でカウボーイ風に。

いま見てもド派手な衣装たちから“ジュリーの時代”の熱狂を感じてみて!