梅雨前線が関東地方にかかるなか、珍しく晴れた昼前。大勢のスタッフが見守るなか、濃紺のスーツに身を包み、居酒屋からさっそうと現れたのは岡田健史(22)だ。

6月中旬のこの日、関東近郊の繁華街では、ある映画の撮影が行われていた。

「人気ミステリー小説の実写化作品で、岡田さん初の主演映画となります」(映画関係者)

実はこの映画、昨年春に製作が発表されながら出演者などの詳細はいまだに発表されていない。なぜなら、本作が“いわくつき”の作品だからだ。

「当初、伊藤健太郎さん(23)が主演を務める予定だったんです。しかし、昨年10月に伊藤さんがひき逃げ事件を起こしたことで、出演も白紙に。急きょ、代役を探すなか、白羽の矢が立ったのが岡田さんでした。今月からようやくクランクインできることになったそうです」(前出・映画関係者)

共演するベテラン俳優と談笑しながら次の撮影場所に移動するなど、満喫した様子の岡田。しかし、休憩中にふと一人になると、思いつめたような表情で虚空を見つめる姿も――。

それもそのはず。先日、本誌が報じた事務所との“独立裁判”の渦中にまだいるからだ。

「岡田さんは今年3月に生活していた事務所の寮から退去し、契約解除を求めて裁判所に仮処分を申し立てています。当初は5月に結論が出る予定でしたが、両者の主張が真っ向から対立し、未だに結論が出ていないようです」(芸能関係者)

果たして、岡田が迎える結末はいかに――。