6月21日、波瑠(30)が主演を務める月9『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第一話が放送。平均世帯視聴率は13.4%記録を記録し、好スタートを切った。

King & Princeの岸優太(25)、北村匠海(23)といった人気若手俳優から、田中圭(36)、沢村一樹(53)などベテラン俳優まで名を連ねた本作。医療界の働き改革に対応するため、夜間救急専門チーム“ナイト・ドクター”が設立された病院を舞台に波瑠ら若手ドクターが奮闘する青春群像医療ドラマだ。

初回放送直後からTwitter上でトレンド入りし、《とても面白かったです!!》《すごくよかった》と絶賛の声が相次いでいた。

初回から大きな反響を集めたナイトドクターだが、その裏で“奇妙な現象”も起きていた。“医療ドラマの金字塔”である『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も同時にTwitterでトレンド入りしていたのだ。Twitter上にはこんな声が見られた。

《めちゃめちゃに良かった第2のコードブルーみたいな感じがあって好き》 《役者さん達は文句無いんだよ……ただ救命でメイン5人って………それはアカン………嫌でもコード・ブルー5人を思い出すし比較してしまう………》

その理由について、あるテレビ誌ライターはこう分析する。

「2つの作品ともに、若い医療関係者5人が、苦悩しながら、救命医療の場で成長していく物語。『救命病棟24時』(フジテレビ系)や、『ドクターX』(テレビ朝日系)、『医龍』(フジテレビ系)といった孤高の天才が活躍ではなく、青春群像劇でもある点に『コード・ブルー』を思い出した人が多かったのでしょう」

そして、共通点は一つだけではないようだ。

「『コード・ブルー』は第2シーズンから『ナイトドクター』と同じ月9枠で放送されていました。医療監修は同じ日本医科大学千葉北総病院の救命救急センターですし、『ナイト・ドクター』のプロデューサー・野田悠介さんと演出家・関野宗紀さんは、過去に『コード・ブルー』も担当しています」(前出・テレビ誌ライター)

多くの“共通点”を持つだけに、『ナイト・ドクター』の大ヒットも間違いなし!?