「キャスト、スタッフ全員が待ち望んでいた劇場版です。スクリーンからも情熱が感じられるような作品になっています」

8月11日、『科捜研の女-劇場版-』の完成報告イベントで、感慨深そうに語ったのは女優・沢口靖子(56)だった。

ドラマ『科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)がスタートしたのは'99年10月。現在放送中の連続ドラマでは最長寿。映画化は今回が初の試みだ。

演じ続けて22年目、主人公の法医研究員・榊マリコについて、沢口自身はインタビューで次のように語っている。

《科学一辺倒だったマリコもシリーズを重ねるなかで、人として女性として成長してきました。30代半ばで出会った役ですが、今では私の分身のような存在です》(『家庭画報』9月号)

劇中のマリコ同様、沢口自身も女優として成長を重ねてきた。ドラマ関係者によれば、

「20年続けてきたことで、沢口さんも『私の代表作になりました』と、自信を持っているようです。近年ではマリコが金髪巻き髪のお姫様風のコスプレをしたり、熟成庫で巨大な牛肉といっしょにつり下げられたりと、“衝撃シーン”がネットでも話題になっており、沢口さんも楽しみながらチャレンジしてくれています。『科学捜査研究員を子供たちの憧れの職業にしたい』とも言っていましたね」

記念すべき『Season20』が放送された昨年を、沢口は私生活でも“節目の年”と考えていたようだ。

「25年ほど住んでいた自宅マンションから転居したと聞いています」(沢口の仕事関係者)

科捜研のマリコは京都市にある7階建て築30年以上のマンションに住んでいるという設定だというが、沢口が選んだ新居とは?



■広さは140平方メートル、坪単価は700万超えの高級億ション

前述の証言をもとに取材を進めると、昨年、東京都内の一等地にあるマンションを、自身が代表取締役を務めている個人事務所名義で購入していたことがわかった。

高級マンションの立ち並ぶエリアの新築物件で、広さは140平方メートルほど。

「最上階ですし、坪単価が700万円以上という物件ですので約3億円となります」(不動産関係者)

購入を決断した当時は54歳。ようやく出会った“終の棲家”ということなのだろう。

科捜研収録のために1年の多くは京都でホテル住まいの沢口だが、オフでのリフレッシュ術の一つがショッピング。

「100円ショップも愛用しているそうで、プラスチック製の収納カゴを100個も買ってしまったというエピソードもあります」(前出・仕事関係者)

ちなみにもう一つのリフレッシュ術は掃除。片付けが苦手なマリコとは真逆なのだという。

《仕事がオフの日には、まずお掃除をします(笑)》(本誌'13年5月28日号)

《お掃除や家の片付け、“断捨離”には夢中になります》(『家庭画報』9月号)

リフレッシュのためのスペースを新たに確保した沢口。さらにスケールを拡大したマリコの活躍ぶりにも期待したい。