「(競馬のために)まず定期預金の解約ですね。これを3回いたしまして。定期預金がなくなって、自分にもし蓄えがあるとすれば何だろうと思って気がついたのが、生命保険です。これの今、解約に入っておりまして……」

8月10日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)へ出演した際に仰天告白をしたのは、フリーアナウンサーの徳光和夫(80)だ。これには司会の黒柳徹子(88)も心配していた――。

もともと賭け事好きで有名な徳光。定期預金を解約するほどの熱の入れようについてテレビ局関係者はこう語る。

「コロナ禍で、仕事が次々とキャンセルとなり時間ができたため、オンラインでの馬券の購入方法をマネージャーさんに教えてもらったそうです。地方競馬の馬券も買いやすくなって、楽しみが増えたみたいです。

地方競馬のほうが予想しやすく、勝てることが多くなったんだとか。いままで以上に競馬沼にハマって、浪費が加速したようですよ」

徳光がギャンブルをするのはお金を稼ぐためだけではないと、テレビ局関係者は続ける。

「当てることが楽しいから競馬をしているそうです。以前、馬主になるように勧められたそうですが、『レースを分析したり、競走馬の情報を集めたりするのが楽しいから』と断っていましたね」

そんな徳光はこれまでにギャンブルで多くの逸話を残してきた。著書『徳光流行き当たりばったり』には、競艇で勝った大金を3日ですった話が紹介されている。

《元手の900万円を握りしめ、二日間は大村競艇場で勝負、翌日からは福岡に3カ所ある競艇場を転戦。だが、しかし、羽田に戻ったときに手元のお金はなぜか3万円しかなかった……》



■負けは総額13億円

ギャンブルに賭けた総額について、'15年の『ダウンタウンDX』(読売テレビ)に出演した際、徳光本人は「(競艇で)6億円くらい負けている」と述べていた。

また'15年の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)では、息子・徳光正行(49)が、「(競艇の額に)競馬を入れると12億〜13億円は負けている」と証言。

大金を費やしてきた徳光だが、前出の『徹子の部屋』で、「(妻が)同じことを何度も、今言ったことを1分後には同じことを言う。その日の行動より思い出話が多いわけですね」と、55年連れ添ってきた妻が初期の認知症であることも告白したのだ。

徳光の妻の様子について彼女の知人はこう明かしてくれた。

「何カ月も前に徳光さんのご自宅で芙蓉の花が咲きまして、見に行きました。そのとき、奥さんは『花がきれいでしょう』と何度も繰り返されていて……。ほかの話題に移った後も前の話に戻って、同じことを言ってらっしゃって。『認知症の私の母と同じだな』と思いました。

本人も自覚されているようで、『車の運転は危ないからやめた』とおっしゃっていましたね。徳光さんは奥さんのためにか、以前より自宅にいることが増えたみたいですよ」

妻の認知症と定期預金を解約してまでギャンブルにハマることの関連性について、心理カウンセラーの横山真香さんはこう推察する。

「男性にとって、妻の初期の認知症は大きなショックとなりえます。いままで一緒に生活してきた人が、変わってしまうという不安。また、自分をいちばん理解してくれているパートナーが変わっていく恐怖も感じます。人間は逃げ場所を探す生き物。徳光さんの場合は、大好きなギャンブルの世界に、さらにのめり込むようになったのかもしれません」



■専門家はギャンブル依存症を指摘

徳光は以前、雑誌のインタビューで愛妻について、

《あればあるだけ使ってしまうタイプだったんです。それをカミさんは知らない間に家を建て、息子たちの面倒をみ、わたくしが生活のことを考えずに毎日が送れて安心して仕事ができるというのも、思えばカミさんのおかげなんですよ》(『月刊Hanada』'16年7月号)

と、家計の管理を全て任せてきた頼りになる存在だと明かした。

前出の『徹子の部屋』ではそんな賢妻が、「『あなたは馬券を買っているから今があるんだ』みたいなことを言ってくれますんで、いいかみさんですよね」と、ギャンブルを容認してくれていると語っていたが――。

依存症治療を専門とするライフサポートクリニックの山下悠毅院長は、彼の現状をこう分析。

「妻が認知症になったことで、『悲しませずに預金や保険を解約できる』と徳光さんが、気づいたことが今回の話の始まりであるという印象です。徳光さんはいつだって“競馬をしたい自分”と“妻を悲しませたくない自分”のはざまにいたのでしょう。

また自ら解約の話をしたそうですが、これはあえて人に伝えることで、『自分はまだ大丈夫だ』と安心したいという心理が働いたのでしょう。徳光さんの負けた総額は10億円規模との話もありますので、依存症といえるかもしれません」

専門家も危惧する徳光のギャンブル依存――。

前出の『徹子の部屋』では、「私が稼いだ金だから、勝手に使ったって構わないのでは」と、持論を展開し歯止めが利かなくなっているようにも思えるが、一線を踏み越えてはいないようだ。

「徳光さんは、自分の年金をギャンブルにつぎ込んでいる一方で、奥さんの年金には一切手をつけてはいないそうです。奥さまと一緒にいたいという気持ちも強いそうですが、将来的には介護施設に入れることも検討しているそうです。認知症が進行して老老介護になる。だから介護費用だけはきちんと確保して共倒れを防ぐように考えているといいます」(徳光の知人)

長年支えてくれている賢妻の笑顔を保ち続けてほしい――。