二宮和也(38)の約2年ぶり、そして嵐の活動休止後初となる主演映画『TANG タング』が来年夏に公開される。

本作で二宮は、ゲームざんまいで妻に捨てられるダメ男を演じ、なんとロボットと初共演! ほかにも挑戦ずくめの現場だったそうだが、そんな大注目の映画の公開に先がけて、ニノの役者としてのキャリアを振り返ってみよう!

■ドラマ『あぶない放課後』(1999年) 嵐としてはデビュー前だったが、渋谷すばるとW主演を果たす。クールな優等生を演じた。

■ドラマ『涙をふいて』(2000年) 演じたのは、不慮の事故で両親を亡くす4きょうだいの長男。上戸彩や神木隆之介と共演。

■映画『青の炎』(2003年) 二宮の映画単独初主演作。殺人を犯す高校生を演じ、監督の蜷川幸雄に才能を評価された。

■ドラマ『南くんの恋人』(2004年) 深田恭子演じる小さくなってしまった恋人とのラブシーンに胸キュンするファンが続出。

■映画『硫黄島からの手紙』(2006年) ハリウッド映画初出演。監督のクリント・イーストウッドは二宮の演技を絶賛していたそう。

■映画『黄色い涙』(2007年) 嵐の5人がそれぞれ夢を追う若者役で共演。二宮は主人公の児童漫画家役を演じた。

■映画『母と暮せば』(2015年) 吉永小百合と親子役で共演。第39回日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を初受賞した。

■映画『ラストレシピ 〜麒麟の舌の記憶〜』(2017年) 天才的な味覚を持つ料理人を好演。オムライス作りを猛特訓して撮影に臨んだそう。

■映画『浅田家!』(2020年) 本誌のインタビューで「さまざまな作品に出演することが親孝行になれば」と語った。