ファッションモデルから情報番組のコメンテーターまで、幅広く活躍しているアンミカ(49)。

プライベートでは’12年7月に、大手イベント制作会社「エンパイアエンターテイメントジャパン」の社長を務めるセオドール・ミラー氏(50)と結婚。今年で夫婦生活9年目を迎えたばかりの“セレブ夫婦”だが、ミラー氏に“不正受給疑惑”が浮上したのだ。

9月8日配信の「文春オンライン」によると、ミラー氏の会社は昨年3月頃から新型コロナの影響によってイベント数が減少し、社員の勤務日数も変更されたとのこと。元社員の証言では昨年4月以降に勤務日数が週3日まで減らされたが、7月から通常の週5日に戻ったという。ところが給与明細上には、休業日数が「21」や「20」などと“水増し”されていたというのだ。

実際の勤務実績があったにもかかわらず、帳簿上では休業扱いとは。ミラー氏の会社は「週刊文春」の取材で、新型コロナの影響で従業員を休ませた事業主の休業手当を国が補助する「雇用調整助成金」の受給を認めている。いっぽう休業日の“改ざん疑惑”については、「現在調査中」だという。



■“ご意見番キャラ”のアンミカに巨大ブーメラン

そんななか注目を集めるのは、ミラー氏の妻であるアンミカの動向だ。現在、『バイキングMORE』(フジテレビ系)で月曜レギュラーを務めるアンミカは、政治家や芸能人の不祥事をスパッと歯切れの良い物言いで糾弾してきた。その発言は日々ネットニュースに取り上げられるなど、“ご意見番キャラ”としてのポジションを確立しつつある。

しかし夫の会社に“不正受給疑惑”が報じられ、SNS上ではこんな声が上がっているのだ。

《アンミカさんは巨大ブーメランだなー テレビでバカタレとコメントする前に自分の旦那の不正受給をよく見て!》 《あぁ……アンミカさんバイキングでいいコメントしてたのに。もう降板かな》

実際に「バイキング」でのアンミカの発言を振り返ってみると、“ブーメラン”とも取れる事例が散見される。

例えば昨年3月16日の放送回では、公職選挙法違反の罪に問われた元法相の河井克行被告(58)や妻の案里元参院議員(47)について「このご夫婦はやってることがズレてるね」とコメント。

今年6月28日の放送回でも、経済産業省のキャリア官僚2人が新型コロナの経済支援策「家賃支援給付金」をだまし取った疑いで逮捕された事件には、次のように語気を強めていた。

「みなさんが困ってる時期、給付金も届かへん、待ってる人がおる時期によ、国民が契約者の公務員が自分の得とちょっとした見栄のために、こんな時期どこに見栄はんねんと。ほんまに大バカタレ!」

さらに「給付金の手続きがより厳正になっちゃって遅れる人が増えることが腹立つのよ」と怒りを見せ、「バカタレ!」を連発していた。

給付金についても「バイキング」で、個人の意見を主張してきたアンミカ。SNS上ではアンミカや同番組に、ミラー氏の“不正受給疑惑”について追及を求める声が相次いでいる。

《バイキング、アンミカ夫の不正受給の件追及しろよ》 《アンミカいつもバイキングで気持ちよくスキャンダル等を斬ってきたんだから(皮肉じゃなく)自分のこともちゃんと斬ってくれよ》 《アンミカさん! バイキングで徹底追及ですね!! ちゃんと出演してくださいね》

「9日の放送回では、ミラー氏の会社の不正受給疑惑は取り上げられませんでした。いっぽうで、中尾彬さん(79)の夫婦生活が取り上げられたのです。そのため視聴者からは、『何で?』といった声が続出しました。

ただ最近は女性問題で離婚した有村昆さん(45)が登場するなど、『バイキング』は“本人による釈明の場”としても注目を集めています。アンミカさんの出演日は月曜日です。もし取り上げるとすれば、来週13日の可能性が濃厚でしょう。」(テレビ局関係者)

ミラー氏の会社の不正受給疑惑について、「週刊文春」の取材に「もし事実であるならば、あってはならないこと」「きちんと疑惑を払拭するべき」と事務所を通じてコメントしたというアンミカ。果たして“ご意見番”としてワイドショーでも最愛の夫を斬れるか、試されている。