20年8月、覚せい剤取締法違反(所持)などの罪で二度目の逮捕となった槇原敬之(52)が、今月6日に活動の再開を発表した。

10月25日に活動復帰作となる新アルバム『宜候(ようそろ)』を配信、同27日にはCDを発売する予定だ。

槇原は懲役2年、執行猶予3年の判決が言い渡されており、逮捕から約1年2カ月、さらに執行猶予中の活動再開には賛否の声が上がっている。

では、過去に不祥事を起こし活動を自粛していた芸能人は、活動を再開するまでどのくらいの期間がかかっているのだろうか。

■槇原と同じ薬物犯罪は最長4年4カ月、最短7カ月で復帰

・清原和博(54)約4年4カ月後 16年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年6月、執行猶予4年の判決が下された。約4年4カ月後の20年6月に執行猶予を満了し、著書の出版やプロ野球ニュースへの出演で活動を再開した。

・ピエール瀧(54)約11カ月後 19年3月にコカイン使用容疑で逮捕後、麻薬取締法違反で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けたピエール瀧。約11カ月後の20年2月に映画撮影に参加し、槇原敬之と同じく執行猶予中の活動再開となった。

・田口淳之介(35)約7カ月後 19年5月に大麻取締法違反の疑いで逮捕。その後、懲役6月、執行猶予2年の判決が言い渡された。逮捕から約7カ月後の同年11月4日に活動再開を発表、12月にはファンミーティングを開催するなど芸能活動を開始した。



■脱税&闇営業は、騒動後1年未満で復帰

・田村亮(49)約8カ月後 19年6月、吉本興業の芸人たちによる闇営業問題で謹慎処分を受けていたお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村亮。約8カ月後の20年1月にトークライブを行い、同年4月には「ロンドンハーツ」で地上波に復帰した。

・宮迫博之(51)約8カ月後 同じく19年6月、闇営業問題により芸能活動を自粛後、約8カ月後の20年1月よりYouTube活動を開始。今年8月には『アメトーーク!』に活動自粛後初出演し、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の解散を発表した。現在はYouTube活動や自身の立ち上げた服飾ブランド「ZILVER」のネット販売などを行っている。

・徳井義実(46)約10カ月後 19年10月に発覚した巨額脱税問題により活動を自粛していたお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実。約10カ月で地上波に復帰、翌月には『今夜くらべてみました』でレギュラー出演し、芸能活動を再開した。

■素行不良や未成年スキャンダルは“自粛”が長引くケースも……

・山本裕典(33)約1年9カ月後 17年3月、素行不良により所属事務所との契約が解消され解雇となった。約1年9カ月後に自身のインスタグラムで活動再開を発表。ミュージカル『マイ・バケットリストSeason5』で芸能活動を再開した。

・小出恵介(37)約1年2カ月後 17年6月に当時17歳の女子高生との飲酒及び性行為に及んだとされ、活動を自粛していた小出恵介。20年8月、約1年2カ月の活動自粛を終え、活動を再開することを自身のインスタグラムで報告した。



■不倫スキャンダルからの復帰は難航する傾向

・唐田えりか(24)約1年8カ月後 20年1月、妻子を持つ東出昌大との不倫が報じられ活動を自粛。不倫報道から約1年8カ月が経った今年9月、唐田主演の短編映画がYouTubeで公開され、活動再開となった。

・東出昌大(33)約1年9カ月後 同じく20年1月、唐田えりかとの不倫が報道された。以後活動を自粛していたが、約1年9カ月後となる今年10月公開の映画「草の響き」での主演や、22年公開の「コンフィデンスマンJP」への出演が決まっている。

・渡部健(48)現在も復帰は未定 20年6月、不倫問題により番組出演を全面自粛。同年12月に記者会見を行い、年末番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』で復活するのではないかという話も浮上していたが実現せず。出演していた場合は約6カ月での復帰となっていたが未だ芸能活動は再開できていない。

・BUMP OF CHICKEN 直井由文(41)約9カ月後 20年9月、一般女性との不倫が報じられ同月に活動を休止していたミュージシャンの直井由文。約9カ月後に活動再開を発表し、21年9月にラジオ番組『PONTSUKA!!』に出演するなど音楽活動を再開した。

不祥事からの復帰時期はケースバイケースだが、調べてみると1年前後での復帰が多く、逮捕から1年2カ月後の復帰となる槇原だけが特別に早いというわけではないようだ。

活動再開にあたって、「時期尚早とお叱りを受けるかもしれませんが、もう一度心新たに活動を再開いたします」とコメントしていた槇原。今度こそしっかり更生して、ファンを裏切らないでほしい――。