10月は民放テレビ各局で番組の改編が行われる季節。日本テレビでは「OFFからONへ、ONからFANへ」をキーワードに、長寿番組の『幸せ!ボンビーガール』、『有吉反省会』、『アナザースカイ』などが放送終了となった。最近は、40代以下が対象となる「コア視聴率」を重視したり、「TVer」などネットでの再生回数も指標に加えられたりと、テレビ局やスポンサーが重視する番組の評価に変化が起きている。

そこで本誌は、世帯視聴率が高い番組に関する好感度について、読者アンケートを実施した。(9月21日〜9月24日)。

まずお伝えするのは、「高視聴率バラエティの中で、良い番組でないと感じるのは?」という質問の結果。

3位にランクインしたのは、『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)。ヒロミ(56)とバイきんぐの小峠英二(45)がMCを務め、全国各地の激安や大盛りでなおかつおいしいメニューを提供するお店を紹介する番組だ。読者からは「関東のお店ばかり」、「田舎に住んでいるので特定の店舗を紹介されても食べに行くこともできないしつまらない」というコメントが寄せられた。

2位は『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)。長嶋一茂(55)、石原良純(59)、高嶋ちさ子(53)というご意見番的なタレントが勢揃いし、好き勝手にトークする番組として高視聴率をマークしている。読者からは「レギュラー出演者が好きでない」「ご本人のキャラなのでしょうが……子供には見せられない」「高嶋ちさ子が好きじゃない」など厳しい意見が集まった。

そして第1位は、『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(日本テレビ系)。劇団ひとり(44)と佐藤隆太(41)がMCを務め、アメリカのFOXなどで放送しているクイズ番組のフォーマットを日本版にアレンジしている番組だ。読者からは「目新しさがなく他の番組のコピーでつまらない」「全体的にクイズ番組が増えていると感じておりクイズ番組が好きではない。その中でも挑発的な番組名で視聴を煽ろうとしているところが苦手」といった意見が寄せられた。テレビ局スタッフの企画意図が視聴者に見透かされている!?

一方で、「最近、新たに好きになったバラエティ番組」についてもフリーアンサーで聞いてみた。

特に多くの名前が挙げられたのが、『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)。バカリズム(45)、KAT-TUNの中丸雄一(38)、メイプル超合金のカズレーザー(37)が出演し、ゲストとともにさまざまな家事に関してのマル秘情報を習得していく番組だ。読者からは「簡単なレシピや材料で真似できるため」「作り方が簡単な料理が多くてMCの3人もおもしろくて好きです」「主婦に合わせた内容で興味深いコーナーが多くつい見てしまう」という声が寄せられた。

多様な視聴者により深く刺さる内容が求められる、最近のテレビバラエティ。本誌のアンケート結果や個別の意見も参考に、“小学5年生より賢い”番組作りを期待します!

【高視聴率バラエティの中で、良い番組でないと感じるのは?】(複数回答可)

1位:クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?(日本テレビ系)19% 2位:ザワつく!金曜日(テレビ朝日系)18% 3位:ヒューマングルメンタリー オモウマい店(日本テレビ系)16% 4位:秘密のケンミンSHOW極(日本テレビ系)14% 5位:沸騰ワード10(日本テレビ系)12%