11月1日をもって解散することを発表している人気アイドルグループ・V6が15日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した。グループとして同番組に出演するのはこれが最後となった。

この日の放送には、11月12日にCDデビューを控える後輩グループ・なにわ男子も出演。デビュー曲の『初心LOVE』をテレビ初披露した。

マイナビニュースによると、なにわ男子のリーダー・大橋和也(24)はV6に向けてこのようにメッセージを送った。

「V6さんがジャニーズで作ってきた道でたくさんの人が喜んだり、幸せになったりしてきたと思います。僕らもそういう道をたどっていけたらなと思います。V6さん、本当におつかれさまでした!」

V6の井ノ原快彦(45)も「僕らの後はなにわ男子に任せてますので」「頑張ってね」とエール。なにわ男子は「はい!」「頑張ります!」と力強く答えた。

V6の解散直後にデビューする新星・なにわ男子。世代交代を感じさせたが、実はかつてV6も、今回のなにわ男子のように先輩グループからバトンを受け取ってデビューした。

遡ること26年前の9月4日。六本木のディスコ・ヴェルファーレでデビュー記者発表を行ったV6。このとき、長野博(49)は「光GENJIのように一世を風靡し新しい時代を作っていきたい」と所信表明していた。

というのもこの前日、9月3日にはV6の先輩グループ・光GENJIが名古屋市総合体育館・レインボーホール(現:日本ガイシホール)にてコンサートを行い、惜しまれながら解散したのだ。デビューが内定していたV6は、8月に光GENJIのこの解散前最後のコンサートツアーを全員で見学していたとか。

今回のV6となにわ男子の共演で、1995年の光GENJIの解散・V6のデビューを思い出したファンも多かったようだ。

《V6が解散してなにわがデビューするんだねぇ。でもそんなV6も光GENJIが解散してからのデビューだもんな…そうやってこれからも事務所が続いていくんだよね…》 《光GENJIからV6へ V6からなにわ男子へ あー エモいなんて言葉では足らない》 《ブイさんはコンサートで幕を閉じた光GENJIの姿を見てたんだもんなぁとなんか浸る》

昭和ジャニーズの最後を飾った光GENJIと入れ替わるようにデビューし、平成を彩ったV6。なにわ男子へと令和を託し、間も無く有終の美を迎える――。