小雨がパラパラと降る10月17日、東京都内で開かれたフラワーデザイナーのイベント会場から出てきたのは、戸田恵梨香(33)。

両足の太ももの部分に大きく穴の開いたデニムにオーバーサイズのスエットというラフな格好での訪問だった。笑顔なく、眉根にシワを寄せて歩き、マスクをしていても憔悴しているように見える。

昨年12月、松坂桃李(33)と電撃結婚した戸田。今年7月クールのドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)も大好評だったが、最近になって、“異変”が伝えられている。

「戸田さんは大御所監督の映画での主演が決まっていました。撮影も12月から始まる予定でしたが、10月中旬に突然、“降板させてほしい”と連絡があったそうです。『体調不良のため』と事務所サイドから説明があったようです」(映像制作関係者)

同時期に主演ドラマも降板していたと映像制作関係者は続ける。

「来年4月クールでの放送が予定されていた主演ドラマにも、降板を申し入れたと聞いています。これは来年の6月まで休養するということ。8カ月間という長さに心配の声があがりました」

戸田の所属事務所に2つの降板および体調不良について尋ねたが、回答は得られなかった。

あるテレビ局関係者も先日、戸田の様子に違和感を覚えたと明かす。

「戸田さんが局のプロデューサーと話をしていたとき、話の内容と関係なく突然、涙を流すことがありました。またかなり痩せているようにも見えましたね」

実は本誌が戸田を目撃した10月17日は、松坂の誕生日だ。

「すでに降板を申し入れていたその日、松坂さんは帰りを待って家にいたと聞いています。松坂さんは、11月まで映画のロケスケジュールが組まれていたそうです。しかし最近、長距離移動の必要なロケがコロナ禍もあり中止になったと聞いています。これで時間ができ、夫婦の時間を十分にとれるのではないでしょうか」

戸田は松坂について雑誌のインタビューでこう語っている。

《結婚したことで、ひとりで頑張りすぎなくても大丈夫なんだと思えましたし、今まで自分で抱えてきたことも分かち合える存在はやっぱり大きいですよね》(『美的』’21年12月号)

夫婦で今回の“異変”を乗り切れることを願うばかりだーー。