嵐がグループ活動を休止してまもなく1年。7度にわたる国立競技場でのライブ、19年に発売されたベストアルバムが“その年に最も売れたアルバム”としてギネス世界記録認定されるといった伝説的な記録を持つ国民的アイドルグループの“不在”は多くの人にとって寂しいものだっただろう。

しかし、5人はただグループ活動を休止していたわけではない。今はそれぞれの道を歩む5人だが、そこにはかつてない“変化”が。本誌が目撃してきた写真とともに、5人の“休止1年目”の歩みを改めて振り返りたい。

■相葉雅紀 神社祈願ルーティン

プライベートで最も大きな変化があったのが、9月28日にそれぞれ一般女性との結婚を報告した櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)の2人だろう。櫻井は『news zero』(日本テレビ系)でのキャスター業に加え、『メメシス』(日本テレビ系)では約4年ぶりとなる連ドラ主演を果たすことに。

とりわけ相葉は仕事でも『VS嵐』の後継番組である『VS魂』(ともにフジテレビ系)を1人で引き継ぎ、昨年に5人で務めるはずだったNHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーターも櫻井と2人で務めるなどMC業でめざましい活躍を遂げることに。

そんな相葉の貴重な“ルーティン”を本誌は目撃。6月下旬のお昼頃、仕事前にとある神社へ向かった相葉。迷うことなく拝殿に向かい、真剣に参拝するとすぐさま仕事へ向かっていったが、これは相葉が長く続けている習慣だという。

「5年ほど前から相葉さんはこの神社に通い、定期的にお参りしていると聞いています。『お賽銭に1000円入れることもある』とラジオで語るなどかなり熱心に参拝している様子で、仕事の成功を祈願しているのではないでしょうか」(テレビ局関係者)



■松本潤 初の“パパ役”で子役と奮闘交流

仕事面で“新天地”に向かうメンバーも。二宮和也(38)は今年4月25日にKAT-TUNの中丸雄一(38)ら3人の後輩と公式YouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」の立ち上げを発表し、チャンネル開設からわずか21日間で登録者数が200万人を越えるという偉業を成し遂げている。

松本潤(38)は、『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』(12月公開)、0023年放送の大河ドラマ『どうする家康』でNHK大河初出演にして主演という快挙を達成するなど、俳優として新たなチャレンジを続けている。

そんな松本の次に初挑戦するのが、1月クールに主演する連ドラ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)。本作で連続ドラマでは初めて父親役を演じる松本の、貴重なクランクイン現場を目撃している。11月上旬、東京郊外の公園で厳戒態勢の行われた撮影現場には、松本と妻役の上戸彩(36)と子役の姿が。

休憩中はリラックスした様子の松本だが、カメラが回ると表情が一変し、その顔つきは真剣そのもの。子役との共演シーンになると、休憩中に子役の近くにいき、何やら話しかけ積極的にコミュニケーションを図る姿が印象的だった。

■大野智 新恋人と京都旅行

グループ活動とともに、芸能活動も休止しているのがリーダーの大野智(41)。休止後、しばらく音沙汰がなかったものの、11月上旬に開催された嵐初のライブ映画の舞台挨拶に櫻井が手紙を代読する形で“登場”し、ファンを大いに喜ばせたことは記憶に新しい。

そんな大野の貴重なプライベートを目撃している。桜の花が美しく咲き誇る4月、京都駅からほど近い通りを歩く大野だが、その隣には1人の女性が。小柄でかわいらしい雰囲気の30歳前後と思しき、女性は大野にぴたりと寄り添いながら歩調をあわせて通りを歩いていく。そして、大野がJr.時代に数ヶ月寝泊まりした思い出の旅館に2人で入っていった――。

大野をよく知る芸能関係者は言う。

「昨年秋に、19年初頭までシングルマザーの女性と数年間にわたって交際を続けていたことが一部週刊誌で報じられましたが、旅行していた女性は別の人で新恋人だと聞いています。大切な思い出の旅館につれていったということは、大野さんとしてもとても彼女のことを大切にしているのではないでしょうか」

様々な道を歩む嵐の5人。5つの道が再び重なる日が待ち遠しい。