2021年は、新庄剛志(49)の「日本ハム監督就任会見」や木下富美子前都議(55)の「逆ギレ辞任会見」など、“衝撃的”な会見が印象的だったのではないだろうか。

そこで、女性自身では「衝撃を受けた記者会見」についてのアンケートを実施。ランキングを作成した。回答したのは男女200人。結果は以下のとおりだった。

【これまでの「記者会見」で最も“衝撃的”だったものは?】(回答期間:2021年12月6日〜12月12日) 1位:野々村議員「号泣辞任会見」44% 2位:新庄剛志「日本ハム 監督就任会見」14.8% 3位:近藤真彦・中森明菜「金屏風会見」10.4% 4位:木下都議「辞任会見」8.2% 5位:手越裕也「ジャニーズ事務所 退所会見」5.5%

2位と圧倒的な差をつけて1位となったのは、野々村議員の「号泣辞任会見」。

2016年2月に政務活動費900万円をだまし取ったとして、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた元兵庫県議員の野々村竜太郎(55)。

当時50歳手前の大人が会見で泣きわめく姿や、記者からの質問で都合が悪くなると、耳に手をあて”聞こえないふり”をする姿など衝撃の連発。お笑い芸人がネタにするほど世間をざわつかせた会見だった。

アンケートでは1位にあげた理由として、以下のようなコメントが寄せられていた。

「あまりにもぶさまだったから」(50代女性・専業主婦) 「ギャグかと思いました。大げさな嘘泣きに、耳の前に手を置いてよく聞こうとしているフリが(寧ろ、聞こえにくくなるでしょうかと突っ込みたい)、その辺の芸人さんより面白かったです」(40代女性・パート) 「いい大人が号泣しながらの会見、、、見ていて不愉快でしたがある意味面白かったです」(40代女性・パート) 「学校や世間で散々ネタになっていたから」(10代女性・学生)



■2位は新庄剛志の「日本ハム 監督就任会見」

続いて、2位にランクインしたのが新庄剛志の「日本ハム 監督就任会見」。今年11月に北海道札幌市内でプロ野球・北海道日本ハムファイターズの監督就任会見を行った新庄。胸元を大きく開け、大きなシャツの襟を立たせた”ド派手”なスーツ姿で登場。

『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)で中継されるなど、地上波でも異例の盛り上がりを見せていた。アンケートでは、衣装はもちろん、監督就任への驚きと、”ビッグボス”誕生という明るいニュースに、喜ぶ声が多くあがっていた。

「服装に目が釘付けでした」(50代女性・パート) 「日ハムファンでなくとも新庄さんに注目して見ました。そして、あの襟の高さにビックリ。みんなの期待に応えてくれましたね。今後のビッグボスとファイターズに期待が楽しみです!」(50代女性・会社員) 「新庄大好きなんで、びっくりしました!!ずっと楽しませてくれて、見てるだけで楽しい気持ちになります」(40代女性・専業主婦)

そして3位にランクインしたのが、近藤真彦(57)と中森明菜(59)の「金屏風会見」。

1989年12月31日の大晦日、NHKの紅白歌合戦が放映されている夜10時から行われたものだ。当時恋愛関係にあったとされる2人の緊急会見で、結婚を連想させる金屏風が設置されていたため、「結婚会見」かと思いきやフタを開けると、中森明菜の自殺未遂といった一連の騒動に対する謝罪会見だったのだ。

当時一世を風靡していたアイドルの2人だっただけに、アンケートでは「当時の衝撃が今でも忘れられない」という声や「中森明菜が可哀そうだった」という意見が多数寄せられていた。

「トップアイドルが交際して、自殺未遂というニュースが衝撃だったのに、それにも増して、金屏風の前という異様な光景に、何が起こっているのか分からない怪しさと悲しみに満ちた会見でした」(50代女性・経営者。役員) 「金屏風の前で交際解消会見、まだ子供でしたが凄く衝撃的でした」(40代女性・無職) 「明菜ちゃんが大好きなので、すごく可哀想で悲しくなりました」(40代女性・専業主婦)

今年も残すところあとわずか。来年は“ビッグボス”のような、世間を明るくする”衝撃記者会見”が見たいものだ――。