台湾出身の卓球選手・江宏傑(32)との離婚を今年7月8日に発表した福原愛(33)。12月22日、あれから半年足らずで熱愛が報じられたのだ。

「NEWSポストセブン」によれば、デートのお相手は今年3月に同誌によって“横浜デート”が報じられた5歳年下の会社員A氏。晴れた秋空の下、2人仲良く公園のベンチで談笑する姿がキャッチされている。

「愛さんは今年3月、横浜中華街でAさんと食べ歩きなどを堪能する様子が報じられました。1日目は2人で高級ホテルに宿泊し、翌日は彼が愛さん宅に泊まったといいます。ですが最も物議を醸したのは、Aさんが既婚者だったこと。

今年1月に会社設立の手続きなどで帰国していた愛さんは、Aさんに“相談に乗ってもらっていた”としてW不倫を否定しました。ですが、Aさんは江さんも知らない男性。愛さんは『別々の部屋で寝た』などと釈明しましたが、“不自然すぎる”との声が相次ぎました」(芸能関係者)

さらに「NEWSポストセブン」によれば、2人の交際がスタートしたのは11月下旬。なんとAさんも11月初旬に離婚していたというのだ。事実であれば、A氏は元妻と離婚後すぐに福原と交際をスタートさせたことになる。さらに同日配信の「文春オンライン」の記事によると、「週刊文春」の取材に応じたA氏の元妻は福原との不倫が報じられたことが離婚原因だと認めている。

一連の不倫騒動で福原が負った代償は、あまりにも大きかった。本誌は今年3月下旬、不倫報道の舞台となった都内の自宅の一軒家から福原が荷物を運び出している様子を目撃している。さらに福原が小学校時代の級友と設立した「株式会社omusubi」は、その友人が今年8月いっぱいで取締役を辞任していたことが本誌の取材で判明した。

「福原さんは現在、青森大学の客員准教授に就任するなど新たなスタートを切っています。ですが日本でのイメージダウンは回復できていない状態にあります。最近では中国版TikTok『抖音』のアカウントを開設するなど、中国での活動を視野に入れているようです」(スポーツ紙記者)



■「小さな子どもたちを思い浮かべる事は無いのかな」

不倫報道によって生活が一変した福原は、新しい恋をスタートさせながらも台湾で暮らす幼い子供2人を気にかけているという。しかしその思いとは裏腹に、行動は自由を謳歌しているようにも見えるといった声も上がっている。

「離婚にあたって共同親権となりましたが、実際には幼い子供2人は台湾で江さんが育てています。愛さんはビデオ電話でコミュニケーションを取っているようですが、今年1月に帰国して以来子供たちとは会っていません。10月に4歳になった長女は、初めて“ママのいない誕生日”を過ごしたといいます。愛さんはAさんと交際するにあたって子供たちへの理解を求めたようですが、離婚から間もない交際に“子供より自分の幸せを優先させているのでは”といった声も少なくありません」(前出・芸能関係者)

幼い子供を台湾に残しながらも、離婚から半年足らずでA氏と“元サヤ交際”ーー。ネット上では「子供がかわいそう」との声も上がっている。

《夫婦のことは夫婦にしかわかりません。でも自分優先の人なんだろうなぁとは思います》 《一度きりの人生。次の恋をするのも分かる。でも、まだ小さな子どもたちを思い浮かべる事は無いのかな。置いてきた事に未練は無いのかな。自分が楽しければそれでいいのかな》 《子供がママとはテレビ電話をしてるから大丈夫ってなるかな。親としても我が子に会いたいってならないかな》 《子供たちが可哀想だね》