「この1年はバタバタで、自分に時間を使えなかった。美容に自信のない1年だった」

こう語ったのは北川景子(35)。これは美容雑誌「美的」の読者によって「美的ベストビューティウーマン」に選出された北川が12月15日に行なわれた贈賞式で語ったもの。

2021年を“バタバタ”と振り返った北川だが、18年にわたる彼女の芸能生活のなかでも過去最高レベルにハードな年であったようだ。

「北川さんは16年1月にDAIGOさん(43)と結婚し、昨年9月に長女を出産。しばらくは育児休暇を取ると見られていましたが、産後2カ月には出演映画の記者会見に出席し、今年4月クールの連ドラ『リコカツ』(TBS系)にも主演しています。これほどのスピード復帰は芸能界でも珍しいです。

北川さんはもともと女優の仕事が大好きで、早期の産後復帰には“働きながら子供を育てる女性の励みになりたい”という思いがあったといいます。しかし、仕事と育児の両立は相当しんどかったそうです。お風呂にゆっくり入る時間も取れず、『家庭と仕事の両立に心が折れそう……』とこぼしていたこともあったと聞いています」(芸能関係者)

今年1月放送の『新春大売り出し!さんまのまんま』(フジテレビ系)で、北川は産後に増えた体重を撮影のために減量したことについてこう語っている。

「必死に戻しました。戻さなくてなら、戻したくなかったです。泣きながらトレーニングしてました」

時には涙を見せながら女優と育児の両立に奮闘した北川。そんな北川をそばでずっと支えてきたのが夫のDAIGOだ。

「DAIGOさんは、結婚の際に『女優・北川景子をもっと見ていたい』と伝えたほど北川さんのファン。北川さんの早期産後復帰も応援し、手こずりながらも育児に積極的に関わり、おむつ替えや入浴を担当していたといいます」(前出・芸能関係者)

本誌も北川をサポートするDAIGOの姿を目撃している。今年1月11日、この日は5回目の結婚記念日だったが、2人がいたのはおしゃれなレストランではなく、多数の雛人形が並べられたデパートの催事場。記念すべき娘の初節句を祝うべく、店員の説明を真剣に聞いて雛人形を吟味する北川。DAIGOはそんな妻に代わってベビーカーに乗る愛娘を優しくあやしていた。

いっぽうで、北川がDAIGOの背中を押したことも。結婚5カ月前の15年8月下旬の夜、高級すき焼き店で夕食をともにした2人。店から出てきた北川はDAIGOと固く手をつなぐなど、仲睦まじい様子だ。

実はこの日は、DAIGOがランナーを務める『24時間テレビ』(日本テレビ系)の放送3日前だった。

「当時、DAIGOさんは24時間テレビのランナーという大役のプレッシャーに押しつぶされそうになることもあったそうです。そんなとき、北川さんはDAIGOさんのために料理を作り、“一緒に頑張ろう”と励ましたそうです」(テレビ局関係者)

互いの苦難を支えながら乗り越える北川とDAIGO。百恵さん&三浦友和の跡を継ぐ“理想の夫婦”はこの2人かも?