元卓球選手で五輪メダリストの福原愛さん(33)が、世間を賑わせています。

2021年3月、会社設立などの手続きで日本に一人で帰国していた福原さん。しかし友人と称する30代既婚男性A氏とのお泊まりデートが報じられ、またたく間に不倫疑惑が広まることとなりました。

その後、同年7月に夫である江宏傑さん(32)と離婚。一部からは「江さんからの拘束が酷かった」という情報も伝えられ、モラハラ疑惑も浮上します。しかし離婚後の親権は共同とはいえ、今も2人の子どもたちは江さんと暮らしています。

そして2021年12月、前出のデート相手であるA氏との真剣交際が報じられました。この間、福原さんもA氏も離婚を済ませていて「交際は離婚後から始まっている。再婚も見据えた真剣なもの」だと伝えられました。

しかし週刊文春の取材に対し、A氏の元妻は“離婚は福原さんとの報道が原因”と認めたのです。愛ちゃんの好感度は現在、ダダ下がり状態となっています。

ここまで2021年の愛ちゃん事情をまとめてみましたが、怒涛の1年であることがうかがえます。

タレントであれば一発で干されそうな状況ですが、そんな風当たりの苦しさもなんのその。彼女は2021年東京五輪の卓球解説者に抜擢されたり、青森大学の客員准教授に着任したりと、着々とキャリアを積み重ねています。

元卓球選手としては間違いなく一流ではあるものの、モラル的な部分では「どうなの?」と思っている人も多い福原さん。それでも需要が途切れないのは、どこに理由があるのでしょう。

■“卓球界の顔”という強さ

不倫疑惑にさらされながらも、いまだ仕事が途切れないのはなぜなのか。1つは、“卓球界の顔”として彼女以上の知名度を持つ人が今も存在しないからです。

そもそも「愛ちゃん」の愛称で卓球界の顔役を幼少から務め、競技の普及に大きく貢献しました。これは紛れもない事実であり、不倫疑惑というスキャンダルと両天秤にかけてもまだ評価に値すると考えられているのです。

さらに疑惑後の活動はタレント業ではなく、専門家としての活動が主だったものでした。そのため、疑惑や好感度が影響を及ぼしにくいという効果もあるようです。



■中長期で見ると苦しさも…

とはいえ、中長期で見ると苦しい未来も見え隠れします。

まず時間がたてばたつほど、知名度と実績のある選手たちが次々と引退後に解説者や専門家やタレントとしての活動に乗り出すだろうと予想されます。

たとえば直近では、引退宣言した水谷隼さん(32)がメディア露出を増加させています。金メダリストという揺るがない実績とバラエティ慣れしているトーク力で、引退後も解説者としての活躍は間違いないでしょう。

こうした後進の流れが来る前に、愛ちゃんは専門家としての実績やポジションを確立しておく必要があるのです。

そしてやはり「子どもを台湾に残して(親権は手放していない)恋愛に走った」というイメージは、これから長きにわたってマイナスになる可能性があります。

たとえば子どもはいませんでしたが、タレントの矢口真里さん(38)も不倫報道のマイナスイメージにとらわれ続けた一人です。

2013年に不倫離婚。その後も当時の不倫相手だった男性と交際を続け、2018年に再婚しました。しかし「もう良いじゃん」と思う人がいるいっぽうで、いまだに拭い去れない嫌悪感を抱く人もいるようです。こうした問題と愛ちゃんのケースを照らし合わせると、どうしても好感度が爆上がりという状況にはなりにくいと思います。

もちろん離婚や主だった養育の役割を元夫側に渡すという行動には、報道では知り得ないいろいろな事情があるのでしょう。しかし新たな恋愛がその時期とかぶっていたのは、やはりまずかった。そう考えると今でこそ仕事は順風満帆ですが、内情はそれほど安泰というわけではなさそうです。

近年、親権や養育の主だった役割を夫に任せて離婚する女性有名人が増えつつあります。各家庭によって離婚までの道のりやその後の関わり方は異なるとはいえ、やはり男女平等の時代を反映した流れが加速していると個人的には感じます。

離婚しても子どもと離れていても、その立場でできる子育てというのは必ず何かあります。だからこそ世間のバッシングは強めではあるものの、福原さんが愛にあふれた自分らしい人生を歩めるよう今後も見守っていきたいと思います。

(文:おおしまりえ)