「以前は周囲によく恋バナをしていた広瀬さんですが、最近はめっきりしなくなったそうです。大倉さんとの関係を秘密にするためだったのでしょう」(芸能関係者)

10日にスポーツ紙で広瀬アリス(27)との交際が報じられた関ジャニ∞の大倉忠義(36)。

昨年1月クールに主演した連ドラ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)での共演をきっかけに広瀬と親交を深め、約半年前から交際に発展したという。

「報道後、2人の事務所は交際について否定せず。広瀬さんも13日に出席したイベントで『大倉さんとお幸せですか?』という質問に対して、笑顔で『ありがとうございます』と返答していました」(前出・芸能関係者)

新春をにぎわすビッグカップルの誕生だが、交際前は“お似合い”ではなかったようで……。2人をよく知るテレビ局関係者は言う。

「昨年1月に番宣で出演したバラエティ番組で広瀬さんが恋愛観を語った際、大倉さんについて『話が合わなくて無理です』とバッサリ斬っていました。『知ってるワイフ』の撮影現場でも、空き時間に2人が話し込むことはほとんどなく、別々にゲームをして過ごしていたそうです」

そんな2人だが、共通点をきっかけに距離を縮めていったという。

「恐妻家の夫役ということもあり、撮影中に大倉さんはあえて広瀬さんと積極的に話さないようにしていたそうです。しかし、撮影終了後に2人ともお酒好き、インドア派と同じ趣味を持っていることから話が盛り上がり、親交を深めていったといいます。

また広瀬さんが約4年間交際していたバスケットボール選手と’20年末に破局したことも、大倉さんには正直に伝えていたそうです」(前出・芸能関係者)

さらに前出のテレビ局関係者は、2人が交際に発展した背景に、広瀬の“鋼メンタル”が大きく影響していると語る。

「広瀬さんは“趣味はエゴサーチ”と公言し、SNSでの自身への批判を“私のことを見てくれている”と考えるようにしているそうです。もともとはネガティブな性格なそうですが、悪いことをエネルギーに変換していくことで前向きに過ごせているそうです。

いっぽう大倉さんは、“立ち直れないほどの悪口がある”からとエゴサーチはしないといいます。なんでもポジティブに対処していく広瀬さんの性格が新鮮で魅力的に映ったのではないでしょうか」

“恋愛対象外”から大逆転交際に至った2人。その絆は鋼よりかたいかも?