「ここ2年で仕事は激減し、石田さんにとって最後のレギュラーだった文化放送のラジオ番組も今年3月で終了が決定しています」(テレビ局関係者)

崖っぷちに立たされている石田純一(68)。全国で緊急事態宣言が発出されていた’20年4月に訪れた沖縄のゴルフ場で新型コロナに感染し、大きな批判を浴びたことでイメージダウンを招き、仕事面に多大なダメージを与えた。

そんな石田だが、プライベートでは大きな決断をくだしていた。石田の仕事関係者は言う。

「石田さんは都内の一等地にあった一軒家を昨年のクリスマスイブに売却しています。東尾理子さん(46)との間に誕生した長男の理汰郎くんが生まれた翌年の’13年に完成し、土地建物合わせて推定3億円とも言われる豪邸です。

購入したのは石田さんと30年来の交流がある知人の経営者と聞いています」

思い出の邸宅を手放した石田が次に選んだ住処は借家だった。

「売却後に都内の高級住宅地にある一軒家を借りて、一家で住んでいるそうです。築20年の地下1階、地上2階建てで、延べ300平方メートルを超えると聞いています。昨年末から石田さんは家探しに奔走し、引越し先を下見する石田さんの姿がたびたび近隣住民に目撃されていたといいます」(前出・仕事関係者)

この物件について、地元の不動産関係者は言う。

「このあたりの大きめの一軒家は需要が一定数あります。築年数や大きさで見ると家賃は150万円ほどといったところでしょう」

石田がわずか8年で3億円豪邸から引っ越した裏には最愛の長女への思いがあるようだ。

「’16年3月に誕生した石田さんの長女が都内の有名幼稚園に通っており、この春からその系列小学校に進学する予定です。実は自宅から30分以内に通学できること、という進学の条件があり、それをかなえるために石田さん夫婦は引っ越しを決断したといいます。急いで決めたので、賃貸にするしかなかったそうです。長くは住まないのではないでしょうか」(石田の知人)



■「他の人とは話しても、理子は僕をほぼ無視…」

長女のために引っ越しを決断した石田。新天地で妻の理子と手を取り合って、“仕事ゼロ”からの再起を目指すかと思いきや、2人の間には大きなすきま風が。

昨年12月、本誌が石田を直撃した際、「家庭は崩壊しています!」と激高。さらに石田は『FRIDAY』2月4日号のインタビューで仕事激減後の夫婦関係についてこう語っていた。

《6,000万円の収入が吹き飛び、理子はあまり口をきいてくれなくなった。『子供のお迎えに行ってくれますか』とか最低限。(中略)この1月、電車で軽井沢にスキーに行きまして、楽しく過ごせたんですけど、理子の本心はわからない。他の人とは快活で楽しそうに話すのに、僕はほぼ無視》

前出の知人は石田がこぼしていた夫婦不和の予兆を明かす。

「昨年11月に純一さんと何人かで会食をした際、出席者の1人が冗談まじりに『これまで交際した女性で誰がいちばん好きですか?』と石田さんに聞くと、『うーん……』と口ごもってしまったんです。

ふだんの石田さんなら『妻に決まってるじゃないですか!』とのろけるはずなんですが……」

理子も“異変”を見せていた。

「これまで公の場ではほぼ必ず結婚指輪をはめていた理子さんですが、昨年9月下旬ごろからブログやSNSに投稿する写真では指輪をはめていないのです。昨年12月に出演したワイドショーで純一さんの話題を振られた際も露骨に避けていました」(芸能関係者)

自らの行動によって、招いてしまった理子との断絶危機。一昨年の猛批判を浴びた直後、石田はこうぶち上げていた。

《僕ができる“逆襲”は表舞台にカムバックし、成功することだと思っています。コロナで大半を失いましたが、何年かけてでも絶対に復活しますよ》(『週刊SPA!』’20年7月28日号)



■かなりの茨道な石田の“復活”

しかし、石田の“復活”はかなりの茨道のようだ。

「かつて9社あった石田さんのスポンサーは一連の報道で1社に。仕事を取り戻すべく、石田さんも奔走していますが、ふたたび騒動を起こすことを恐れ、CMをはじめ、オファーを検討しているメディアはほとんどないといいます。昨年1月に公式YouTubeチャンネルを開設しましたが、1年で獲得できた登録者数はわずか6千人弱です」(前出・芸能関係者)

そんな石田が頼れるのは“完無視”の妻・理子しかおらず……。

「理子さんはコメンテーターとしてワイドショーに呼ばれることが多く、不動産も多数所有しているので、収入面での不安は、現状ほとんどないと思います。自宅でも子育てから家事まで理子さんがほとんどやっているそうです」(前出・知人)

本誌も1月中旬、朝早くから1人で子供の送迎をする理子の姿を目撃している。

豪邸を売却し、収入が激減した今も家賃150万円の借家で理子への“パラサイト生活”を送る石田。とはいえ、理子のブログには今も石田の誕生日会や家族でのスキー旅行を楽しむ様子がたびたび投稿されているが……。

「あくまで理子さんが考えているのは3人のお子さんのこと。独り立ちするまで子供たちに余計な心配をさせまいと、対外的には家庭円満であることを伝えたいのではないでしょうか。石田さんへの気持ちはすっかり冷めきっているといいます」(前出・知人)

前出の『FRIDAY』のインタビューで石田はこうも語っていた。

《どれだけ叩かれても、それが運命の糸が織りなすものなら僕は受け入れる。ただしーー必要ならば世界中が敵でも闘い続けますよ》

果たして、闘いに勝利し、理子への“借り”を返すことができる日は来るのか――。