1月23日に自身キャスターを務める『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)で、日本テレビを3月いっぱいで退職することを発表した桝太一アナ(40)。4月からは“科学を社会へ適切に伝える方法”について研究するため、同志社大学ハリス理化学研究所の専任研究所員に転身するという。

この発表に、共演者らからは応援の声が相次いだ。

水卜麻美アナウンサー(34)は24日に『ZIP!』(日本テレビ系)で、桝アナが今後サイエンス・コミュニケーションの研究に取り組むことについて、「これは伝え手として桝さんがずっと真摯に向き合ってきたテーマなので、すごく自然な流れというか、この道に進むことに決まったことが心からうれしくてしようがないです」とエールを送っていた。

また極楽とんぼの加藤浩次(52)も24日にMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で転職する桝アナの決断を讃えて、「サイエンスの解説『スッキリ』でやってください。分かりやすいの、お願いします」と語った。

ORICON NEWSが実施する『好きなアナウンサーランキング』では5年連続で1位に輝き、転職発表時にはSNS上で名前がトレンド入りするなど、絶大な人気を誇る枡アナ。

そんな枡アナが背中を追う先輩が。同局の先輩アナである藤井貴彦アナ(50)だ。

'17年1月8日に配信された『ORICON NEWS』のインタビューで、枡アナはこう語っていた。

《僕の理想とするのは、弊社の藤井貴彦アナウンサーなんです。実力はもちろん、人間性も素晴らしい。それでいて決して必要以上に前に出てこない。藤井さんは本当にアナウンサーとしての理想ですね》

藤井アナへの尊敬の念を隠さない枡アナだが、そこにいたるまで紆余曲折があったようだ。日本テレビ関係者はいう。

「今は物腰柔らかで優しそうな枡アナですが、新人時代はかなりトガッていました(笑)。アナウンス指導の先輩にたいして、『この研修は意味がないと思います』と率直に意見するなど、生意気に思う人もいたそうです。

そんな桝アナをある時、藤井アナが注意したのですが、これに対して桝アナが『僕は僕の考えがあった』と反発。藤井アナも『お前にはもう何も言わない』と激怒したといいます。

しかし翌日、さすがに反省した桝アナは藤井アナに謝罪。藤井アナも『お前が素直に謝ってくれたのが嬉しい』と言い、桝アナは思わず涙。それ以降、心を入れ替え、先輩に対しても礼儀正しく振る舞うようになった聞いています」

桝アナの“キャラクター”にも藤井アナは影響を与えていると日テレ関係者は続ける。

「注意するいっぽうで藤井アナは新人時代の桝アナに、『先輩を驚かせてやろうというやんちゃさがお前にはない』と伝えたこともあるそうです。先輩への態度は正したうえで、アナウンサーとして小さくまとまるなと伝えたかったのでしょう。

恐妻家キャラや生物オタクといった様々なキャラクターを持つ枡アナですが、そうした藤井さんの助言の効果もあったのではないでしょうか」

頼れる“師匠”の教えを胸に、枡アナは春から新天地へ進むーー。