冷たい雨の降る4月下旬の夜、都内のカフェに明らかにオーラ漂う1人の男性がやって来た。野村周平(28)だ。白と黒のチェックシャツに身を包み赤のキャップ、髪色は金髪で店内の本をながめながら、これまた目立つ愛車を運転して帰っていった。

テレビや映画にひっぱりだこの野村だが、6月10日にドリフトレースを舞台にした主演映画『ALIVEHOON アライブフーン』も公開される。今年1月、その映画の制作発表で

「僕も車好き。ドリフトシーンも納得いく絵が撮れたので100点満点。うそ1つない、ド迫力の映画ができました」

と満面の笑みで語っていただけに、愛車にはこだわりが強いようだ。昨年10月16日の『GQ』WEBのインタビューで、野村はプライベートで2台のアメリカ車を所有していることを明かしている。

「免許取得前から、“アメ車を買うぞ!”と、決めていたほどです」

1台はフォードのフルサイズ・ピックアップトラック。もう1台は、1969年型のダッジ『コロネット』の2ドア・クーペだという。今回のカフェの“相棒”は後者の『コロネット』だった。

「野村さんは『日本であまり乗っている人がいないから』といった理由で、この車を選んだそうです。車愛好家の有名人でも所有者はほとんどいないそうで、66年型のコロネットなら所ジョージさんが持っているとか。野村さんはネットでこの中古車を見つけて並行輸入したといいます」(カーライター)

野村の知人もこう語る。

「彼は車が好きすぎて、乗り換えを何度もしています。しかもお金のかかる車ばかりで貯金ができていないらしいです。車以外にも、BMX、スケボー、スノーボード、釣りなど趣味が多すぎて、いくら身入りがあっても遊びにどんどんお金を使ってしまう性格なんです。とことん突き詰めないと納得しない性格だから、全部プロ級の腕前なんですよ」(野村の知人)

今回の車映画主演で、多趣味への投資が少しは回収できた!?