現在放送中の土屋太鳳(27)主演のドラマ『やんごとなき一族』(フジテレビ系)。

庶民的な家庭から大富豪の一族・深山家に嫁いだ主人公・佐都(土屋)が、上流社会のしきたりや人間関係の軋轢に翻弄されながらも、夫・健太(松下洸平)とともに立ち向かっていくストーリー。

本ドラマで、ひときわ存在感を放っているのが佐々木希(34)だ。

佐々木の役どころは健太の学生時代からの友人で、彼の秘書を務める立花泉。だが佐都から健太を略奪しようとエスカレートする行動は、多くの視聴者をクギヅケに。佐々木の鬼気迫る怪演ぶりに、SNSでは次のような反響が上がった。

《佐々木希さん演技上手くなったね…!》 《佐々木希、役とわかってても怖くて震えた 演技うますぎる》 《佐々木希さんってこんなに演技上手かったっけ? 色々私生活もあったらから芸の肥やしになったのか・・・ 凄い演技だった》

あるテレビ誌ライターは言う。

「佐々木さん演じる泉は、健太の元許嫁という設定です。第7話で泉は健太の出張先に現れ、露天風呂で健太と混浴するなど大胆にアプローチ。その後、眠っている健太から唇を奪い、『健ちゃんのことが好き。やり直そうよ』と復縁を迫りました。

さらに第8話では、ウエディングドレス姿で『私は健ちゃんを諦めない。絶対に』と迫る行動に出ます。ですが復縁が叶わないことから、健太と自分の手を手錠でつなぎビルから飛び降りようとしたのです。佐々木さんの狂気ともいえる迫真の演技は、大いにドラマを盛り上げました」

この“無理心中”のシーンについて、ドラマのTwitter公式アカウントは6月10日にリハーサル風景を公開。ビル屋上で本物に似せた柵を使って練習する佐々木と松下の写真を添え、《この後に 高い位置に柵を移動させ 命綱などの安全対策を 万全に行った上で 撮影が行われました》と裏側を紹介した。

「佐々木さんは命綱を使ったり、役名とはいえ夫の渡部建さん(49)と同じ名前をセリフで連呼するなど身体を張った演技が目立ちます。本ドラマの前に出演した『カムカムエヴリバディ』(NHK)でもヒロインの夫・錠一郎との交際が噂される役を演じ、視聴者をハラハラさせました。選り好みせず、どんな役でも挑戦しようと意気込んでいるそうで、最近はますます演技に磨きがかかっているようです」(テレビ局関係者)



■夫・渡部建の不倫騒動から2年が経過

女優業に邁進する佐々木だが、その陰では大黒柱として家族を支えているようだ。

渡部は’20年6月に不倫騒動が報じられ活動自粛していたが、今年2月に芸能活動の再開が発表された。その際、佐々木はインスタグラムで夫を支える決意をこう綴っていた。

《これからはゼロから頑張る主人の姿を見守ることに決め、今まで以上に感謝の気持ちを持ち、家族と共に前に進んでいこうと思っています》

「渡部さんは『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ)以外に、新たな仕事は入ってきていないようです。やはり、多目的トイレを不倫に利用した印象が拭えず、かつてのように第一線で活動するのはかなり難しいようで、実質的に佐々木さんが家計を支えているようです。

佐々木さんは離婚の選択肢もあったはずですが、それを選ぶことはしませんでした。“愛を持って接する”と不倫夫を見捨てなかった彼女の生きざまに惹かれた人も多く、いまやインスタのフォロワー数は468万と芸能人でもトップクラスです。加えてドラマやCMなど、オファーが絶えないようです」(テレビ局関係者)

そんな家族のために仕事に励む佐々木を、本誌も目撃している。冷たい風が吹く昨年12月上旬、都内のある繁華街でドラマのロケに臨む佐々木の姿をキャッチ。佐々木は今年1月期に放送された『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)で、ドラマ初主演に挑戦した。

佐々木は地元・秋田県の訛りがついうっかりセリフに出てしまったようで、監督から「イントネーションが微妙なので、もう一度お願いします」とダメ出しされ、おちゃめにはにかむ一幕も。現場の待ち時間でも、始終にこやかな表情を崩さず穏やかに振る舞っていた。

そんな佐々木は、最近のインタビューでこう語っている。

《何事も程よく、休みがあるから仕事が楽しい、仕事があるから休みが楽しいというバランスを取りながら、これからも続けていきたいです》(6月13日配信「CLASSY.」)

夫の不倫騒動から2年。佐々木なりのスタイルを見つけたようだ。