人気歌手の鬼束ちひろ(43)が10月30日、公式サイトで43回目の誕生日を報告した。

自身の公式サイトに「うまれがち!!通信」と題した直筆の書面をアップした鬼束。《今日で43歳になりました。お騒がせ鬼束ジョイナーちびマダムです》と切り出し、《支えてくれるファンの方々、家族、ダーリン、いえねこ2 みんなのために歌を届けたくて ストック、楽しみにしててくださいね》(原文ママ)と綴った。そのいっぽう、こう明かした。

《実は今、ジョイナーちび、歯の治療が長引いていて、人前に出れなき状態でした。でも、それも終わりに近づいているので、マダムちび自身、「もうすぐ歌える!!」というきもちでいっぱいです》

そして、《たのしみにしててね》と呼びかけた。

鬼束は‘21年11月28日、東京都渋谷区の路上で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで逮捕された。12月2日、公式サイトで謝罪文を発表し、’22年1月21日には不起訴処分に。以降、ライブ映像作品のリリースはあったものの、沈黙を貫いてきた。その陰に、歯の不調もあったようだ。

「もうすぐ歌える」といい、活動再開を示唆している鬼束。ファンの喜びもひとしおだろう。