「離婚関連のいざこざに次いで、今度は“元カノ”が暴露なんて、羽生くんは災難続きで大変そうです」(羽生ファン)

過去を暴露した疑惑の“元カノ”とは、ロシアの人気フィギュアスケーター、エフゲニア・メドベージェワ(24)だ。’18年の平昌五輪では、金メダルの羽生に対し、銀メダルを獲得した実力者だ。

1月29日(日本時間)、彼女のYouTubeに投稿された動画が波紋を呼んでいる。ゲストを招き、“元カレに新しい女性ができた場合の対応”について2人で話していたときのこと。ゲストが、

「(相手の新しい女性のことが)わかったときには(中略)『まあ何て(ひどい)子、どこで見つけてきたのよ?』なんていうほうが『あら、彼女は何てきれいなコなの、残念だわ』って思うよりも、心が少し軽くなるのよ。(中略)私はもう解き放って、自分の人生を生きているわ」

と自分の経験について語っていると、メドベージェワが割って入り、次のように明かした。

「私のエクス(元カレ)が結婚したの。私は『へえー?』みたいな感じで、それから3カ月後に彼が離婚したときには『へぇー(笑)』みたいな。反応としては『あらまあ』だったのが、その後は『あはは』みたいな」

スポーツ紙記者はこう分析する。

「名前は出していませんが、彼女と親しく、昨年に結婚し、約3カ月で離婚した、という条件に当てはまる人物は羽生さんしかいないと思います」

羽生と交際していたことを突然ほのめかし、離婚を嘲笑したメドベージェワ。なぜ今更、秘密を告白したのだろうか――。

羽生とメドベージェワの親密な関係は、以前もよく話題になっていたという。

「彼女は昔から羽生さんの大ファンとして有名で、大会でも常に羽生さんの近くに陣取り、積極的にスキンシップをとっていました。羽生さんに誕生日プレゼントを渡す姿や、平昌五輪の控室で2人がデュエットする姿なども目撃されていましたね。

あるときには、羽生さんがよく訪れる晴明神社に、メドベージェワさんがロシア語で『私と、私の大事な人の願いがかないますように』と書いた、意味ありげな絵馬を奉納していたことも……」(前出・スポーツ紙記者)



■羽生が交際疑惑を否定したことも

あまりの仲のよさに、熱愛もささやかれていた2人だが、あるとき決定的なすれ違いが起こった。

「’18年、メドベージェワさんが、11年間教わっていたコーチとの関係を解消し、カナダに拠点を移すことを発表しました。しかも新コーチは羽生さんが師事するブライアン・オーサー氏(62)に。さすがにこのときは、“ゆづを追いかけている”という反応が相次ぎました。それを見かねた羽生さんが、ついにきっぱりと交際を否定したのです」(前出・スポーツ紙記者)

羽生は当時、アイスショーの取材が終わった後、報道陣に向けて自らこう切り出した。

《変な報道もありますけど、僕は関与してません。ビックリしました。別の世界の僕が知らない羽生結弦っていう人がいるんだなって》(「デイリースポーツ」、’18年5月25日配信)

メドベージェワも、インスタグラムから羽生の写真だけをすべて削除したのち、カナダに移籍。噂は下火になっていった。

ただ、水面下では別の動きがあったのかもしれない。羽生を知るフィギュアスケート仲間は語る。

「もともと、ロシアの女子選手がみんな羽生くん好きというのは、私たちの間で有名でした。フィギュア仲間から、羽生くんがメドベージェワさんと付き合っているらしいという噂も聞きましたね」

その後、羽生はコロナ禍を日本で過ごし、’22年にプロに転向した。メドベージェワも’23年に競技からの引退を表明し、近年は2人の目立った交流はなくなった。

そんな過程を経て、いきなり爆弾発言を放ったのが今回だ。メドベージェワの心境はいかに――。

「羽生さんの元妻・A子さん(36)に自分を重ねたのではないでしょうか。

もし本当にメドベージェワさんが“元カノ”だとしたら、羽生さんによって交際を隠されていたことになります。時期によっては、あの否定発言自体が事実とは違っていたという可能性も生じます。

A子さんも、結婚後は身分を隠し、“一般人”として通すよう羽生さん側から頼まれていたと一部で報じられていました。似た境遇に同情したのかもしれません。それに、自分と別れた羽生さんの恋愛がうまくいっていなくて、“ざまあみろ!”と思ったのでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

さまざまな女性関係が判明し、羽生ファンはさぞかし怒りに震えているだろう?。と思いきや、実際はそうでもないようだ。

「お騒がせなメドベージェワがまたなんか言ってる、としか感じません。全く相手にしていないです。彼女は羽生くんを一方的に好きで、におわせを繰り返していた、というのが多くのファンの共通認識でしょう」(前出・羽生ファン)

羽生自身も、今回の件に関しては口をつぐんでいる。

「日本のフィギュアファンとメドベージェワさんの相性はあまりよくなく、たびたび摩擦が生じています。’20年には、訪日中に外出自粛を守らなかった彼女に対し、批判が殺到しました。“悪魔”“日本から出ていけ”と書かれた差出人不明の手紙が届いたこともあるそう。

羽生さんはファンを刺激しないよう、無言を貫くことで抗議の姿勢を見せているのでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

離婚を乗り越え、さらにたくましくなった羽生。スキャンダル対応も金メダル級だ。