image

「無性に甘いものが食べたい!」「今すぐ揚げものに食らいつきたい!!」。そんな衝動に駆られるのは、ココロやカラダがサインを出している証しだという。男女問わずストレスと食の関係性について、「大きく分けて2つの関係性が考えられます」と語るのは医学博士の友常祐介先生。ストレスと味覚の関係に詳しく、現在は産業医として、メンタルヘルスをはじめとした働く人の健康管理に関わっている。

「まず1つ目は、交感神経と食べることの関係です。人間には、呼吸や血圧などをつかさどる自律神経があることは皆さんご存じかと思いますが、そのうち、ストレス下において活性化するのが交感神経。この交感神経が活性化すると、血圧や血糖値が上昇し、体は戦闘モードに入ります」(友常先生)

その「戦闘」とは、もとをたどれば狩猟。人類の祖先にとって戦いとは、獲物を狩ることだったのだ。

「つまり、交感神経が高まることは食料を得ることとつながっていたということです。その名残りで現在も、交感神経が活発になると食欲が増すのでは、と考えられています」(友常先生)

もう1つは、「報酬系」と呼ばれる脳の神経との関わりだ。

「人の脳には、欲求が満たされたときや、満たされることがわかったときに活性化する報酬系という神経系が存在しています。ここが刺激されると快感や意欲を導き出すドーパミンやβエンドルフィンといった脳内麻薬が放出され、私たちは幸福感を覚えます。そして、この報酬系を活性化するもののなかでもっとも“生物的で短絡的”なものの1つが、まさに

『食欲』なのです」(友常先生)

つまり、人はストレスを感じると、手っ取り早い解決法として、ついつい食べすぎてしまう傾向があるということ。しかもある食べ物の中にはこの報酬系をダイレクトに刺激するものもあるという。これが冒頭の「アレ食べたい!」に関わっているらしいのだ。

興味深いのが、から揚げなどの「脂っこい食べ物」。味付けにかかわらず、脂自体が私たちを幸せにするというのだ。

「最近わかってきたことなのですが、脂肪の一種である長鎖脂肪酸が舌の付け根部分に接すると、味覚をつかさどる『舌咽神経』に触れて直接その刺激が脳に到達。これが報酬系の活性化と、ドーパミンやβエンドルフィンの放出に関係するというのです。脂肪というのは胃、十二指腸、小腸の順に消化されていくものですが、消化を待たず、舌から脳へ直接刺激が届くというのは、面白いですよね」(友常先生)

同様に甘いものも報酬系をダイレクトに刺激。また、血糖値の上昇も脳の快感につながるため、「やけ食い=スイーツ」の法則が定着したのだ。いますぐ“欲しい味”はココロとカラダのシグナル。ということで、“欲しい味”別ココロとカラダのサインを紹介。

【脂っこいもの】

牛脂やラード、大豆油などに含まれる長鎖脂肪酸が舌にある「舌咽神経」に触れると、その刺激が脳にダイレクトに届き、脳内麻薬といわれるβエンドルフィンやドーパミンを放出。つまり、食べると“幸せ”になるので、落ち込んだときやプチうつを感じたときに効果的。

【甘いもの1】

脳にとっての主な栄養源は糖質。甘いものを食べて血糖値が上がることは脳にとっては「快感」になるので、ストレスがたまっているときに食べたくなる。さらに糖質そのものが味覚神経を介して脳の報酬系を直接刺激。脂っこいものと同様、βエンドルフィンやドーパミンを放出する。

【甘いもの2】

生理前に食べたくなることが多い。生理前はエストロゲンの分泌量が減少するのと連動し、心の安定物質といわれるセロトニンの分泌量も減少するため、イライラしたり気分が落ち込みやすくなる。この不足したセロトニンの原料になるトリプトファンが脳に入るためには糖質が必要なため、無性に甘いものが食べたくなる。

【辛いもの】

辛いものは交感神経を刺激し発汗作用もあるために「食べるとスッキリする」と感じることがストレス解消につながり、“やみつき”になる可能性も考えられる。また、人は交感神経が高ぶると食を欲するので、そのメカニズムとの関係性が今後、明らかになることを期待したい。

【濃い味1】

生理前に食べたくなることが多い。生理周期後半に分泌量が増える女性ホルモンの一種・プロゲステロンには味覚を鈍麻させる働きがあるため、薄味では満足しにくくなる傾向がある。

【濃い味2】

更年期には唾液の分泌量が減ることにより、味覚をキャッチする器官の味蕾がダメージを受け、味覚全体が鈍くなって濃い味を求めるように。高齢者も同様に濃い味を好むようになる。

【塩味】

加齢とともに塩分を感知する能力が低下するため、より強い塩味を求める。

忙しくなるこれからの季節。ストレスがたまったら、1個のから揚げで、一瞬の幸せを!?