年齢を重ねても、いつも美肌を保ち続けている女性芸能人たち。彼女たちも、多くの女性と同じく肌に悩みを抱えていた。しかし、それを解消するコスメを持っていたんです! OVER45の“お疲れ肌”に効果絶大な「美再生コスメ」とは?

透明感のある肌が美しい女優の高橋ひとみさん(57)。細く柔らかな髪にはずっと自信を持っていたが、肌は20代のころからあまりに“敏感”であることが悩みの種だったという。

「刺激に弱い乾燥肌で……。花粉症で肌が荒れ、処方された薬を使っていたら、肌に凹凸ができて免疫力も低下してしまいました。そのうえ、美顔ローラーでさえも、私には刺激が強すぎて、荒れてしまったこともあったんです」(高橋さん・以下同)

お肌のトラブルを一気に解消するコスメに出合ったのは4年前のこと。

「ヘアメークアーティストの佐治優子さんが運営するサロン『美肌工房』で、『32℃』と彼女のオリジナルコスメ『インフィニト』を薦めてもらいました。今まで何かを塗るたびに肌が苦しくなる感じがしていましたが、この2つのブランドの化粧品を使うようになってからは、肌が呼吸できているように感じます」

32度とは、肌が健康を保つための理想的な温度のこと。高橋さんが、自身の愛用品の効果について教えてくれた。

「とくに『クリーンポアーズ』(インフィニト/美肌工房)という部分用美容液は、毛穴の黒ずみを取り、開いた毛穴を引き締めてくれるもの。これを使ったあと、化粧水を顔からデコルテまで、たっぷり染み込ませていくと、だんだんと肌がもっちりしてくるのがわかります」

高橋さんが「いまイチオシ!」と紹介するのは、「モイスチュアリザーブ」(32℃)という保湿クリームだ。

「このクリームは、おでこのシワ対策に欠かせません。50代になってから、おでこのシワが気になるようになって、目立たないように必死にメークしていましたが、使いはじめてからしばらくして鏡を見ると『あれ? ない!』と、シワはほぼ“絶滅”していましたね」