猛暑日を観測する地点が出るなど、暑さも厳しさを増し、十分な対策が欠かせなくなってきた。

「この夏は例年より気温が高くなることが予想されています。そして、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの人が例年より長時間自宅にいることが考えられます。梅雨が明けるまでは雨の日も多く、窓を開けて換気する時間も短くなり、蒸し暑さを感じやすいでしょう。自粛生活でストレスもたまりがちで、体調を崩す人が例年より増えることが懸念されます」

こう話すのは、東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌先生だ。

消防庁の発表によると、熱中症により救急搬送される人の数は、意外に屋内でも多い。熱中症が発生する場所別の割合(今年6月8〜14日)では、住居42.7%、公衆(屋内)6.9%と、屋内合計は49.6%とほぼ半数が屋内で発生しているのだ。また、昨年の統計を見ると、いまの時季から患者数は急増し始め、7月末〜8月初めにピークを迎えている。

熱中症は、体内で発生した熱をうまく外へ放出できずに、体内の水分が失われることが原因で発生する。

「体内で水分が不足している状態を放置しておくことにより、体液のバランスが崩れて、脳細胞のはたらきが低下し、さまざまな症状が発生するのです。初期症状には、めまいや立ちくらみ、手足のしびれなどがありますが、悪化すると頭痛、吐き気、集中力・判断力の低下などが現れます。重症になると、意識障害や手足の硬直が起こり、命に関わりかねません」(桑島先生・以下同)

特に注意したいのが、糖尿病や高血圧などの基礎疾患のある人、痩せ形で低血圧の人、高齢者などだという。

「糖尿病や高血圧などの基礎疾患がある人の血管は、動脈硬化で細くなっていますから、脱水により血栓ができやすくなります。倦怠感、頭痛、筋肉痛に加え、血栓ができる症状は、新型コロナウイルス感染症の症状と似ています」

医療機関の混雑防止という意味でも、熱中症の予防に努めたいところだ。

「また、痩せている人は体の防御能力が低下している場合があります。さらに低血圧の症状があると、脱水などで脳への循環障害が発生しやすくなります。高齢者は、体温を調節する機能が低下している人が多く、そのため体内に熱がこもりやすくなっています。暑さやのどの渇きも感じにくくなっているので、熱中症のリスクが高まってしまうのです」

その熱中症が屋内で発生するのには、気密性の高さが関係している。桑島先生が特に注意したいと指摘するのが次の3カ所。

「窓がなく、換気のしにくいスペースや屋根に近い部屋、キッチンや浴室の脱衣所など、熱がこもりやすい場所には気をつけましょう。換気扇や扇風機、エアコンなどで空気を循環させたり、室温を下げるなどしてから使うように心がけましょう」

コロナ禍で例年より家にいることが多いこの夏は、炎天下だけでなく、室内での発症にもいっそうの注意が必要だ。

「女性自身」2020年7月7日号 掲載