今年のバレンタインジャンボは2月3日発売と、節分の時期と重なった。節分といえば、恵方巻きでおなじみの吉方位に本誌は注目。歳徳神の御利益で、福は内! 億も内ーー!

「去年の節分、恵方巻きを食べた向きの方角が西南西でした。毎回、ジャンボのたびに当せん祈願をしている地元の氷川神社から見て、うちの売り場は西南西。これは縁起がいい、大当たりがきそうだと、販売員と話していたんです」

こう話すのは、埼玉県「大宮西口DOMチャンスセンター」(さいたま市大宮区桜木町2-3-84)谷垣浩樹店長。

その予想はズバリ的中。昨年2月に発売された東京2020協賛ジャンボで1等3億円。幸運はそれにとどまらず、続けてサマージャンボでも1等7億円が出たのだ。

「まさに恵方の御利益。今回のバレンタインも氷川神社にお礼を込めて、当せん祈願」(谷垣店長)

今年2月発売のバレンタインジャンボ(1等・前後賞3億円)で、この御利益話に乗らない手はない。

そもそも恵方の御利益とはどんなものか。風水にくわしい宝くじ評論家の山下剛さんに聞いた。

「日本の陰陽道に伝わる吉方位で、その年に金運の女神である歳徳神がいる方向。恵方は毎年節分に切り替わるため、節分の日にもその年の恵方に向かって太巻きを食べる恵方巻きの風習も生まれました。『大宮DOMチャンスセンター』が証明したように、地域のシンボル(地域の人なら誰でも知っている場所)からその年の恵方にある売り場に金運が降り注ぎます。今年は南南東。しかも、今年の節分は124年ぶりに2月2日。希少な年回りゆえ、歳徳神がもたらすパワーも増すと言われています」(山下さん)

ぜひあなたも地域のシンボルから南南東の売り場を探して、御利益にあやかってはいかが?

「女性自身」2021年2月16日号 掲載