「恵方とは日本の陰陽道に伝わる吉方位で、その年に金運の女神である歳徳神がいる方向。恵方は毎年節分に切り替わるため、節分の日にもその年の恵方に向かって太巻きを食べる恵方巻きの風習も生まれました。その年の恵方にある売り場に金運が降り注ぎます。今年は南南東。しかも、今年の節分は124年ぶりに2月2日。希少な年回りゆえ、年徳神がもたらすパワーも増すと言われています」

そう恵方の御利益を解説してくれたのは、風水にくわしい宝くじ評論家の山下剛さん。今年のバレンタインジャンボ(1等・前後賞3億円)は2月3日発売と、節分の時期と重なった。節分といえば、恵方巻きでおなじみの吉方位に本誌は注目。全国各地のシンボルの南南東にある億実績売り場を厳選してみた。

【本誌厳選全国2021年恵方(南南東)売り場】

・東京都「有楽町大黒天宝くじ」/恵方の基準となるランドマーク:皇居/売り場の億実績:’17年年末1等10億円2本 ・東京都「亀戸駅前北口売場」/恵方の基準となるランドマーク:東京スカイツリー/売り場の億実績:’16年オータム1等5億円 ・静岡県「三島イトーヨーカドーチャンスセンター」/恵方の基準となるランドマーク:富士山/売り場の億実績:’16年年末1等7億円 ・愛知県「さくら薬局」/恵方の基準となるランドマーク:名古屋城/売り場の億実績:’13年ドリーム1等1億円 ・大阪府「富田林コノミヤチャンスセンター」/恵方の基準となるランドマーク:大阪城/売り場の億実績:’19年年末1等10億円 ・福岡県「久留米ゆめタウンチャンスセンター」/恵方の基準となるランドマーク:福岡タワー/売り場の億実績:’20年東京2020協賛1等3億円

日本の中心ともいえる皇居。この南南東に位置するのが、’17年年末1等10億円が2本出ている東京都「有楽町大黒天宝くじ」(千代田区有楽町2-9-18)。販売員の一川友里さんはこう話す。

「昨年8月にロト6で1等1億3,000万円が出て、売り場の運気は上り調子。節分にはちゃんと恵方巻きを食べて、さらに運気アップです」

つづいても日本のシンボルである富士山。その南南東にあるのが、’14年’16年年末1等が出た静岡県「三島イトーヨーカドーチャンスセンター」(三島市中田町9-30)。

「地元では富士山は母のような存在。常連さんで1,000万円当てた半年後に100万円を当てた男性がいて、富士山パワーだねと話したことがありました。今年も億招きしてくれる気がします」(米永尚泰店長)

尾張名古屋のシンボルといえば名古屋城。ここから南南東のライン上にあるのが、これまでジャンボ億を12本出している実力店・愛知県「さくら薬局」(刈谷市桜町2-61)だ。

「先日、常連さんが『全部外れ』と差し出した120枚のロト6くじ券を確認する機械に通したら、なんと2等1,300万円! 『捨てなくてよかった』と大喜び。こんな強運のある売り場です(笑)」(販売責任者・伊藤真千子さん)

’12年開業当時、周辺の売り場から億が続出し“億招きタワー”と評判になった東京スカイツリー。この南南東には’16年オータム5億円が出た東京都「亀戸駅前北口売場」(江東区亀戸5-1)がある。ちょうど取材に訪れたとき、昨年の年末ジャンボ20枚を持参した60代の女性が5万円を当て、歓声を上げていた。

「じつは’16年の恵方も南南東だったんですよ。ちょうど売り場の背後にスカイツリーの先端がよく見えるので、今年も御利益があるはず」(恩田禎司社長)

大阪のシンボル・大阪城から南南東にあり、’19年年末10億円が出た大阪府「富田林コノミヤチャンスセンター」(富田林市昭和町1-7-1)も注目。

最後は、九州・福岡タワーの南南東にあり、昨年、東京2020協賛ジャンボ1等が出た福岡県「久留米ゆめタウンチャンスセンター」(久留米市新合川1-2-1)では、こんなエピソードが聞けた。

「先日、スクラッチを買われた女性が、店頭の招き猫にくじを軽くあてたところ、5万円が当たったんです。ぜひ売り場にきたら、ゲン担ぎにやってみてほしいです」(橋本達矢店長)

ぜひあなたも地域のシンボルから南南東の売り場を探して、御利益にあやかってはいかが?

「女性自身」2021年2月16日号 掲載