朝いちばんに生え際の白髪を発見して、どんより気分が沈む。そんな経験が、読者世代ならだれでもあるのではないだろうか。

「白髪がどんどん増えて、頻繁に染めないと……。お金もかかるし、ほんとに面倒」「最近、ヘアカラーがしみるようになって、次はかぶれないかと心配」「何度も美容院で染めると高くつくし、自宅ではうまく染まらない」など、白髪やそのケアに関するお悩みは尽きない。

ヘアカラーブランドのウエラが’17年に行った調査では「白髪を見つけたとき、何歳老けた気分になるか」という問いに、女性は平均「6.9歳」! また、「同世代の白髪の有無をチェックする」女性は、72.4%にのぼる。自分の白髪はもちろん、他人の白髪も気になる。白髪は、読者世代女性の“天敵”なのだ。

そこで、「髪も頭皮も、自分の体。その状態をきちんと知って、ケアしてほしい」と話す美容ジャーナリストの伊熊奈美さんに、白髪ケアについて教えてもらった。

■染めるのが面倒だからそろそろグレイヘアに……

最近、話題のグレイヘア。近藤サトさんなど、とても自然な髪色で、あこがれる人も多いのでは。それに白髪染めを卒業したいというのが多くの女性の本音だろう。

「単に染めるのをやめて放置しているだけでは近藤サトさんにはなれません。白髪であってもつややボリュームを維持するための頭皮と髪のケアはもちろん、洋服やメークなどトータルで美しさを保つ心配りは必要です。それが習慣になれば、グレイヘアが単なる『おばあさん』ではない、素敵な選択肢になりますね」(伊熊さん・以下同)

これからグレイヘアに挑戦する人は、何に注意すればいい?

「グレイヘアで薄毛だと貧相になってしまいますから、大切なのは髪のボリュームです。グレイヘアを目指すなら、まずは頭皮のケアをしっかり行い薄毛を予防しましょう」

では、美しいグレイヘアを作るためのポイントは?

「日本人の白髪は黄みがかっていることが多いのですが、紫色のカラーシャンプーを使うと、クリーンな白に近づきます。なにより頭皮が健康だと、髪につやが出て、グレイヘアを引き立ててくれます。つやが足りない髪にはヘアオイルなどで補ってみて。少しだけ手をかけてケアすると、美しいグレイヘアが保てます」

■グレイになり切るまでが大変なのでは?

髪の根元の白髪は見栄えが悪い、と思う人がほとんど。だから、ちらっとでも白髪が見えたら「早く染めなきゃ」と焦るのだ。

だが、グレイヘアにするためには、根元が白髪で毛先は染め色の混在状態を年単位でガマンしなければならない。それまでアルカリカラーなどでガッチリ染めていた人は、その染めていた部分がすべてカットできるまでの“みそぎ”期間が必要となるのだ。

「髪が1カ月に1センチ伸びるとすると、たとえば髪の長さが30センチの人なら、みそぎは約30カ月かかります。この間ずっと、白髪と染め色の混在状態だとしたら、つらいですよね。ですが、ヘアカラートリートメントを使えば段差がぼかせるので、グレイヘアへの移行もスムーズになります。好きな髪色を楽しみながら、アルカリカラーで染めていた髪がすべてカットされるまで気長に待ちましょう。無事に移行期が済んだら、ヘアカラートリートメントも終了。3日もたてばすっかり色落ちして、グレイヘアのできあがりです」

■白髪の量が少ないうちはどうすればよいですか?

グレイヘアと呼ぶにはまだ白髪が少ないが、手入れをしないと見栄えが悪い。そんな“白髪初心者”の人にはこんな裏技も。

『美容院で『ハイライト』を入れてもらう方法があります。ハイライトとは一定の間隔で引き出した少量の毛束を、ベースの色より明るい色に染めること。逆にベースの色より暗い色の毛束も作り、縞模様を作ることもあります。少量の白髪なら、全体を染めなくても、これでじゅうぶんカムフラージュできます』

ハイライトはアルカリカラーを使うが、ベースは染めずに一部だけを染めれば、髪や頭皮の負担も少ない。また、白髪が増えてきたら、ハイライトを生かすように、ヘアカラートリートメントでフォローすれば、グレイヘアにも移行できる。

元の髪色と「どこが違うかわからないけれど、なぜか素敵」に仕上がるハイライト。白髪が出始めの人は、ぜひおすすめ!

「女性自身」2021年2月16日号 掲載