「年老いた両親の面倒をどうしたものかしら」と考えている人も多いことだろうが、そんな悠長なことを言っていると、あっという間に自分も老後を迎えてしまうもの。これを機に自分の「終のすみか」についても考えようーー!

「高齢者施設探しはいわば情報戦。単にお金をたくさん持っている人より、良質な情報を得られる人に有利なのです」

そう話すのは新聞・雑誌、ウェブなどに多数の連載を持つ、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんだ。最近は「高齢者の住まい」に関する相談も多く、畠中さんが実際に足を運び「ここなら!」と思った施設を、相談者に紹介する機会も増えているという。

「独身で働いてきた方や、配偶者を亡くした方が70歳前後になり、だんだんと家事をするのがつらくなって施設を探し始める、というケースが多いですね。介護認定を受けてから探そうとしても、認定後にたくさんの施設を見学するのは難しいため、少し早めに70歳前後から準備することをおすすめしています」

なかでも「国民年金で入れるところを」という相談者に畠中さんがおすすめしているのが「ケアハウス(軽費老人ホームC型)」だ。

「あまり知られていませんが、以前から私が注目しているのがケアハウスです。ある雑誌でケアハウスのメリットを紹介したところ、読者から『そんないい施設があるわけないだろう!』とクレームをいただいたこともあるくらい(笑)。情報のない方には信じられなかったのでしょう」

畠中さんによれば、よいケアハウスと出合うことができれば断然お得に老後の生活を送れる、という。地方自治体や社会福祉法人が運営するケアハウスは、整備の補助金が出るので利用者の家賃相当が安くなり、予算に不安がある人にとっても、手が届きやすい施設。高齢者施設全般に詳しいタムラプランニング代表の田村明孝さんはこう解説する。

「ケアハウスでは整備費用の4分の3が国からの補助金でカバーされるので、利用者にとってはとても安心。ただし、ネックとなるのは、その数があまり多くないことです」

費用面では“穴場”の高齢者施設ともいえるケアハウスだが、大きく分けると、「自立型」と「介護型」、そして「混合型」がある。

数としては自立型が多いが、それでも三度の食事と入浴サービスが付き、職員の見守りという安心感もある。また混合型であれば、入居後に介護認定を受けたとしても、介護サービスを受けながら居住することも可能なので安心感もあり、かなりお得だという。

ケアハウス研究の第一人者でありシニアライフ情報センター代表を長年務めてきた池田敏史子さんは全国約1,000件のケアハウスを見学、会員向けに紹介していた経験からこう話す。

「介護保険法施行後は高額な有料老人ホームと肩を並べられるようなケアハウスも出てきました。リゾートホテルのような建物や、毎日入れる温泉などバリエーションも豊富。新しくできたと聞くたびに、見学をしに全国を飛び回っていました」

そんな、池田さんと畠中さん、田村さんのおすすめケアハウスBEST24から7〜12を紹介。



■ケアハウス市川/千葉県市川市

〈タイプ〉:自立型。特別養護老人ホーム(特養)が併設もしくは、同じ法人に特養がある。 〈諸費用〉:保証金(敷金)30万円・事務費1万円〜7万2,800円・生活費4万6,940円・居住費は入居時一時金として8万円と月額5,700円・水道電気電話はそれぞれ基本料金+使用料。 〈施設の特徴〉:入居定員50人、平均年齢86歳。食事のご飯はおかゆ、軟らか炊き、普通炊きから選べる。朝食は数種類の飲み物とパンの選択が可能。自転車やバスで買い物に出かけたり、サークル活動に参加したりするなど、自分のペースを保ちながら暮らしている入居者が多い。春夏秋冬の季節ごとに開催される行事も充実している。

■ケアハウスまんぼう/千葉県鴨川市

〈タイプ〉:自立型。 〈諸費用〉:預かり金30万円(2人部屋は50万円)・事務費1万円〜6万8,100円・生活費4万4,500円・管理費1万5,300円・特別サービス費1万2,000円(11月〜3月1,960円加算)。 〈施設の特徴〉:入居定員50人、平均年齢83歳。朝食はバイキングで、四季折々の行事も充実。房総半島の風光明媚な環境下で海を眺めて過ごすこともでき、露天風呂も完備。亀田メディカルセンターが協力病院となっている。

■さくらハイツ西五反田:ケアホーム西五反田/東京都品川区

〈タイプ〉:自立型/介護型。特別養護老人ホーム(特養)が併設もしくは、同じ法人に特養がある。 〈諸費用〉:さくらハイツ=入居時280万円〜320万円(居室の利用料に充当される金額20年分)・事務費1万円〜4万6,900円・生活費4万6,090円・管理費1万7,600円・居住に関する費用4万円・水道光熱費は個人契約/ケアホーム西五反田=預かり保証金30万円・事務費1万円〜2万6,300円・生活費4万6,090円・管理費1万円・居室に要する費用2万8,000円・ユニット内水道光熱費3万2,000円。介護費用は介護度により自己負担。

■ケアハウス陽光レジデンス/新潟県新潟市中央区

〈タイプ〉:自立型。特別養護老人ホーム(特養)が併設もしくは、同じ法人に特養がある。 〈諸費用〉:保証金20万円・事務費1万円〜4万5,900円・生活費4万6,607円(11月〜3月は6,945円加算)・管理費1万円程度・水道光熱費など1,000円〜1万5,000円程度・居住費5,680円。 〈施設の特徴〉:入居定員50人、平均年齢85歳。余暇は居室で趣味を楽しんだり、共用スペースで友人と交流するなど過ごし方はさまざま。曜日によって開かれる催しは自由参加で、カラオケ・体操・脳トレなど多くの種類がある。季節の行事や講座も多数開催される。

■あけぼのケアハウス/山梨県甲府市

〈タイプ〉:自立型。 〈諸費用〉:敷金なし・事務費1万円〜7万400円・生活費4万6,900円・管理費3万1,900円・水道光熱費1万円程度。 〈施設の特徴〉:入居定員50人、平均年齢84歳。全室バリアフリーで車いすでの入居も可能。独居が不安になった方から、リハビリ病院を経て自宅での生活が厳しくなった要介護4までの方が生活。終末期看護研修を受けた看護師を配置し、本人とご家族の希望でご家族とともにお看取りまで対応も可能。1年を通してさまざまな行事や催しがあり、病院受診の送迎、投薬管理も行っている。全室に洗濯機、冷蔵庫等家電完備。

■ケアハウスウェルガーデン佐久/長野県佐久市

〈タイプ〉:自立型。 〈諸費用〉:保証金20万円・事務費1万円〜5万4,280円・生活費4万4,500円・管理費2万1,250円・水道光熱費5,000円など。 〈施設の特徴〉:入居定員70人、平均年齢90歳。特に食事には力を入れており、できる限り手作りでの提供を心がけているほか、定期的に嗜好調査も行い利用者の満足度向上をはかっている。最大の特徴は、ご家族、ご本人の希望により最期まで(お看取りまで)お世話をしてもらえる点。現在まで73人の方をお看取りしている。

※1:事務費は前年の対象収入により異なる。生活費と事務費は毎年改定され、月額で記載。平均年齢=入居者の平均年齢(小数点以下四捨五入)。 ※2:管理費=居住に関する費用、事務費=サービスの提供に関する費用、生活費=食費。 ※3:催しやイベントは新型コロナの影響により休止中の施設もある。

「女性自身」2021年5月4日号 掲載