GW前に緊急事態宣言が発令……おこもり生活何しようか、と憂うあなた、今こそ懸賞を当てるチャンス! 絶対的な得意技を持つ女王3人がGWを楽しく過ごす懸賞必勝法を伝授してくれました!

1人目は懸賞歴39年のなお妻さん。新聞、雑誌、ラジオを主戦場とする“デコハガキの名手”。GW用にこいのぼりのデコハガキを見せてくれた。当選総額は約3,600万円。

2人目は、ネット懸賞界でアイドル的存在奈良部南さん。懸賞歴8年ながら、当選総額は約600万円というツワモノ。

最後は、懸賞界の大スター、長場典子さん。知識と分析力を武器に手間を省いたはがきで攻める。懸賞歴33年、当選総額は4,000万円超えの絶対王者だ。

【1】写真を上手に活用する

「飲食店には、卓上にアンケート懸賞が置いてあることも。ある全国カレーチェーン店では、毎月600人にお店で使える金券3,000円が当たります。お店に行ったら、まず料理写真や、料理を持っている自分の写真を撮ります。プリントして応募はがきに貼れば、簡単に目立つはがきが作れて、高確率で当たります」(なお妻さん)

日ごろから写真を撮りためておくとさまざまな懸賞に活用できるそう。

「ネットなら、フォトコンテストがアイデア次第で差別化できるので当たりやすいです。連休明けには『GW中の思い出』的なテーマのコンテストが出るはずです。今年は、おうちBBQ、庭でテント、屋台ごっこ、工作など、おうち時間を楽しむ写真を撮っておくといいでしょう。写真のコツは、彩度を上げること。スマホに元からある機能で写真を鮮やかにできるので、ズラッと並んだ中で目を引きます。『いいね』を多く獲得するために、ハッシュタグは最大の30個付け、見る人が多い夜8時ごろに投稿してください」(南さん)

【2】ラジオは最初の2行が勝負

「番組内でメールやFAXで募集する懸賞は、読まれることが前提なので、パーソナリティさんの名前を呼びかけるのがコツです。たとえば、京都のラジオ番組に『こんにちは、○○さん。エリアフリーで三重県から聞いています』などと呼びかけつつ、他地域から聞いていることをアピールすると意外性もあり採用されやすいです」(なお妻さん)

ラジオならスペシャルウイークを狙うべきだという。

「関東なら偶数月、地方なら6月と12月に聴取率を調べるので、その時期のプレゼントは、現金1万円など豪華。コメントが長すぎると時間内に読めず不採用になるのでコンパクトに」(長場さん)

【3】当たる懸賞を見極めて、効率よくウェブで応募

「ツイッターで応募して、商品をコンビニ引き換えでもらうタイプの懸賞は、よく当たります! また、大企業の新商品キャンペーンも高確率で当たります。恒例の懸賞ではなく新商品の宣伝なので応募期間が長くなく、当選本数が多いからです。この前も糖質0ビール4本が当たりました。『ツイッター開設キャンペーン』を狙うのも効果的です。新しくSNSを始めた企業はフォロワーが少なく、早目に応募すると目に留まりやすい。これでペットシート1年分を当てました」(南さん)

【4】ホットプレート、オーブンは逆に狙い目!

「去年、コロナ禍で白物家電がすごく売れたので、需要が減っている可能性があります。たとえば、焼き肉のたれのエバラさんが高級ホットプレートの大型キャンペーンをしていますが、もしかしたら今が逆に狙い目では。パンメーカーも各社オーブントースターを懸賞で出していますが、コロナが長引いた今こそ、この2つはチャンスかも」(長場さん)

ステイホームのGWこそ懸賞で盛り上がろう!

「女性自身」2021年5月11日・18日合併号 掲載