「いまは在宅介護だけでなく、介護施設などでも100均グッズを使用しているところは多いです。たとえば、車いすの座面クッションの下に敷く『すべり止めシート』などは、特によく使われています」

こう語るのは、『親が倒れたら、まず読む本』(プレジデント社)の著者で、在宅介護エキスパート協会代表・渋澤和世さん。

13年間、在宅で両親の介護をした渋澤さん。介護を始めたころは、専門店で介護用品をそろえていたが、100円ショップ「DAISO」でたまたま入れ歯ケースを発見。

「普通に買ったら、500円以上するのに! 材質も同じものが100円で買えるなんて!」

この発見をきっかけに、100円ショップでさまざまな介護用品をそろえるようになったという。

「ほかにも介護に役立つものがないか? そういう目で店内を見て回ってみると、もともと介護用品として売っていないものでも、介護に応用できる商品がいくつもあることに気づきました。ペットコーナーには、おむつなどの汚物を入れるのに使える『ペット用消臭ポリ袋』。赤ちゃんコーナーには、食事介助のときに便利な『ベビーめんカッター&マッシャー』など、100円ショップには“介護グッズ”になるものが豊富にそろっています」



■文具売場の商品で介護が楽に!

そこで渋澤さんがおすすめする、介護に使える100均グッズを紹介してもらった。

「まずは『シリコーンスプーン』(DAISO・以下同)と『ストローコップ』。どちらも介護用だと500〜1,000円しますが、材質が変わらないので100円ショップで十分です。介護用品ではありませんが、『チューブポット』は寝たきりの人のおしりを洗うのに使えます。『カードリング』も、ファスナーにつけると開け閉めが楽に。『ヘアドライ手袋』など、私たちが使っても便利な商品は、もちろん介護にも役立ちます」

さらに、おすすめ商品を教えてくれた。

「食事介助でとろみ剤を溶くときには『泡立て器ミニ』が便利。杖の先端に付ける滑り止め用の『杖ゴム』や薬を小分けできる『薬ケース』なども、即買い商品です」

さらに、200円商品にはなるが、足がむくむことの多い高齢者にもってこいの商品がある。

「普通の靴下では締め付けがきつくて跡が残ります。はき口がゆったりした介護用のソックスは、普通に買うと1足1,000〜1,500円します。それが100円ショップだと200円! かなりお得です」

一方、100円ショップで買わないほうがよい商品もあるという。

「入れ歯用洗浄剤はドラッグストアのほうが安いです。杖もおすすめできません。グリップが樹脂製で硬いため、長時間使うと手が痛くなってしまいます。万が一折れたら転倒の可能性も。杖は、自分に合ったものを専門家に見立ててもらうほうが安心できます」