かつて「25歳はお肌の曲がり角」などと言われたものですが、気がつけばそんな年齢からすでに四半世紀が過ぎ……。というわけで、ここらでひとつお肌のメンテナンスに本腰を入れて取り組んでみてもいいかもしれませんーー。

「美肌のためには、私はなにより“インナーケア”が重要だと思っています。体を内側からきれいにするには、1日3度の食事を見直すこと。それが美肌への近道です」

そう話すのは皮膚科医の小林智子先生。いまはお肌ツルツルの小林先生だが、実は長い間、肌の乾燥に悩まされていたという。肌悩みを抑えるために必要な栄養素とは、いったいどんなものなのだろうか?

「トラブルの種類にもよりますが、乾燥を抑えるにはタンパク質が大切です。ただ、タンパク質は生命維持に関わる部分から優先的に使われますから、肌の潤いを保つ『天然保湿因子』など肌の細胞にまで行き渡らせるには、たくさんのタンパク質が必要です。忙しい日の朝食はパンとコーヒーという人がいるかもしれませんが、それではタンパク質が足りません。卵や納豆、豆腐、チーズなど手軽に食べられて、肌悩みに効く“おクスリ食材”を、もっと利用するといいと思います」(小林先生・以下同)

ミドルエージの肌悩みは、ほかにどんなものが多いのだろう?

「しみやしわ、たるみでしょうか。原因はさまざまですが、糖化によるダメージが大きいでしょう。食事で取りすぎた糖は、タンパク質と結合して糖化を起こし、AGEs(終末糖化産物)を作ります。このAGEsはさまざまな病気の原因になるだけでなく、肌にも悪影響を与えます。コラーゲンが変性して弾力やハリが失われたり、肌のバリア機能が落ちてキメが低下したり。これらにも糖化が関係しています」

さまざまな肌トラブルに直結してしまう糖化を防ぐ手立てはないのだろうか?

「血糖値の急上昇を抑えるのが効果的で、GI値の低い食品を取るのがおすすめです」

GI値とは、その食品を食べたとき、どれくらい血糖値が上がるかを示す指標のこと。精製されていないもののほうが消化吸収に時間がかかるため、GI値が低いという。炭水化物であればうどんよりそば、白米より玄米のほうが低GIの食品となる。

肌悩みの解消に大切なのは、栄養素を補い合う食品を一緒に食べる“食べ合わせ”だという。



■しみに効く食べ合わせ

ある日突然現れる「しみ」。顔に「老けました」と烙印を押されたような気がして情けない。こうしたしみ対策には紫外線ケアが欠かせない。

「紫外線ダメージを軽減するには抗酸化作用のある栄養素が有効です。その代表選手はビタミンACE。ビタミンAとビタミンC、ビタミンEの総称で、これらを一度に取ることで、抗酸化の効果がさらにアップします。ほかにはアスタキサンチンやポリフェノールなども抗酸化作用が期待できます。特にぶどうは、紫外線ダメージを軽減する効果があると、最近論文が発表されました。これから旬の食材ですから、積極的に食べて、紫外線への防御力を高めましょう」

【しみに効く食べ合わせ:ビタミンACE×アスタキサンチン×ポリフェノール】

〈ビタミンACE〉:アボカド、トマト、パプリカ、卵など 〈アスタキサンチン〉:スモークサーモン、エビ、カニ、タイなど 〈ポリフェノール〉:ぶどう、ブルーベリー、そば、緑茶など

また、しみ対策としては、紫外線ケアと同じくらい糖化ケアも重要だという。

「糖化によってできてしまったAGEsが蓄積した肌は、ターンオーバーが滞りがち。そうなると、メラニンがうまく排泄されず、しみが消えにくくなってしまいます。糖化を防ぐ栄養素はタンパク質(ヨーグルト、納豆、豆腐、鶏肉など)、低GI(オートミール、玄米、全粒粉パン、ライ麦パンなど)、抗糖化(レモンティー、モロヘイヤ、酢、シナモンなど)。また、しみ対策には、ブロッコリースプラウトもおすすめです。ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンが豊富で、紫外線ダメージを軽減する抗酸化成分と、糖化を抑える抗糖化成分の両方をあわせ持っているからです」



■敏感肌に効く食べ合わせ

季節の変わり目や新しい化粧品など、若いころはなんともなかった刺激に敏感に反応する。いつから、こんなにデリケートな肌になってしまったのだろう。

気温や湿度が変化する季節の変わり目は、肌のバリア機能が低下しがちだ。さらに、春には花粉の刺激、夏には紫外線ダメージ、秋には夏の疲れが残り、冬は乾燥がひどい。年中、なんらかの刺激に見舞われ、肌の調子がずっと悪いという人もいるだろう。

「敏感肌は、バリア機能が弱っている証拠です。保湿成分であるセラミドを取りましょう」

【敏感肌に効く食べ合わせ:セラミド×亜鉛】

〈セラミド〉:ごはん、ワカメ、ヒジキ、こんにゃくなど 〈亜鉛〉:生卵、オートミール、カキ、牛肉など セラミドはお米やこんにゃく、ワカメにも豊富に含まれる。

「お米は炊きたてより冷やごはんのほうが、レジスタントスターチが増え、血糖値の上昇を抑えます。糖化ケアにもダイエットにも、冷やごはんを活用しましょう」

また、亜鉛も一緒に取りたい。

「亜鉛は代謝を助ける働きがあり、肌のターンオーバーを整えるのに有効です。卵のほか、カキなどの貝類に多く含まれます。卵は亜鉛のほか、タンパク質や脂質、ビタミン、カルシウム、鉄分も豊富なスーパーフード。以前は1日1個までといわれましたが、いまは、1日に2〜3個食べてもOKと変わっています。安価で、冷蔵庫に常備している家庭も多いでしょう。もっと積極的に活用したい食品です」

新型コロナウイルス対策として、いまはマスクが外せないが、マスクによる擦れも敏感肌にはダメージが大きい。

「マスクかぶれ対策には保湿が大切です。紫外線ケアも忘れずに」