リモートワークやステイホームで、家族全員が同じ屋根の下、濃密に時を過ごした去年と今年。聞こえはいいが、中の様子が見えない分、暴言や暴力に悩まされた妻も多いそう。

「コロナ禍で、家にいる時間が長くなった分、DVやモラハラなど夫婦間トラブルは増えています。いまは法律相談に赴く余裕すらないのが現状で、コロナの収束とともに離婚に向けて動きだす人は確実に増えそうです」

そう話すのは『こじらせない離婚』(ダイヤモンド社)の著書もある離婚専門弁護士の原口未緒先生。4回の離婚経験とカウンセラー的手法も取り入れ相談業務に当たる原口先生は、コロナストレスから家庭内でのモラハラは増えているという。

「私の実感としては40代、50代の主婦の方の相談が多い。ずっと外で働いていた夫が家にいるようになり、いままで見えていなかった相手の本性が露呈し、90歳まで生きるとしたら先の人生も長いので、別れるなら最後のチャンスと考える方もいます。でも、離婚を検討したほうがいいケースもあれば、いまは思いとどまったほうがよさそうなケースもあります。慎重に判断して」

そこで、原口先生とともに具体的なDV事例を検証し、離婚か、新しい関係もありなのか、アドバイスをいただくことにしたい。

■モラハラならぬMoneyハラ男

「私の夫は『ドケチ』で、お金に関しては人格が豹変します。コロナ禍で、金銭感覚はマネーハラスメントといっていいほど悪化。残業代も出張費もなくなったため、家計が苦しくなった分、『専業主婦なんだから実家へ行って用立ててもらえ!』と私に実家へ無心させようとします。

結局この2年で500万円援助してもらいました。私が現金を持って帰ると目を輝かせて、『土地持ち娘と結婚して正解だったわ、おれ!』とご満悦。でも『土地持ち娘』は大げさ。実家は古い一軒家で、両親は年金暮らしでカツカツです。

夫が『コロナで残業なくなって楽になったわ。長生きしそうだわ』と言って家でゴロゴロしている姿を見ると、殺意を覚えます」(54歳・専業主婦・智子さん)

【回答】

「モラハラ夫はたいてい『ドケチ』です。殺意を覚えるのであれば、決意と覚悟をもって別れる計画を立てるほうが建設的です。ただしドケチ夫は財産分与を避けたいので、離婚に応じないケースも多いです。

智子さんは専業主婦なので、まずは自立の道を模索しましょう。いままで『離婚してやっていけるだろうか』という不安から決断できなかったのでしょう。夫のモラハラで低くなってしまった自己肯定感を高めることも大事です。パートからでも働き始める、新しいコミュニティを作る、新しい友達を作るなど世界を広げましょう。

あなたのことを思って500万円もお金を工面してくれるご両親がいるのなら、実家に戻ることもできるのでは? 自分の身辺を整えて、いらない夫を自分の世界から追い出すことを考えていきましょう」(原口先生)



■夫がリモートでイライラ

「コロナ禍になって夫婦ともにリモートワークです。まだ3歳の息子が家で騒ぐのがどうにも許せないみたいで、『静かにしろ!』と恫喝するように叱ります。

私にも「なんで黙らせられないんだ。お前が悪い」と矛先が。日中は母子で外をあてもなく散歩したり公園に行って時間を潰すことも多々あります。なんでこっちが我慢ばっかり……。狭い家だから仕方ないけど、夫の言葉選びが許せません」(31歳・会社員・香織さん)

【回答】

「家族が24時間顔を突き合わせることでぎくしゃくして、どうしたらよいかというお悩みは本当に多い。イライラしますよね。ましてや小さなお子さんは騒ぐのが仕事みたいなもの。

この際、旦那さんにはカフェや時間でレンタルできる個室ブース、あるいは少し奮発してホテルのデイユースなどで仕事をしてもらっては? やはり夫は留守にしてもらうのが家族円満の秘訣です」(原口先生)

■料理をことごとくダメ出し

「コロナ禍で収入が減り、外食する余裕は一切なく、私がせっせと料理を作っています。夫は食べ物に執着があり、外食ができなくなったことでいつも不機嫌。1品1品、箸をつけるなり『これは一体どんな味付けをしたんだ』とダメ出しばかり。

先日も『エビしんじょう』が食べたいと言うので手間をかけて作って出したところ、『違う! 散々名店でうまいものを食べさせてきたのに! お前は料理のセンスがない』と激怒。さらに、仕事から直帰するようになり、『俺が家に着く時間に合わせてビールを冷やせ!』と。レストランだってオーダーしてから出てくるのに。理不尽なことだらけです」(49歳・団体職員・久美子さん)

【回答】

「夫に愛情があるのなら、ひとまず、『名店の料理教室に通ってもいい?』と下手に出てみましょう。あるいは『あなたのほうが舌が肥えているから一緒に通わない?』とか、「私は料理センスがないから、あなたのほうが絶対上手になれると思う」とおだてて、料理は夫が担当することにしては?

頑張りすぎるのではなく、『負けて勝つ』という手法を使ってみてください。あとはビールくらいは冷やしておいてあげましょう。プライドもあるでしょうけれど、夫と対等になる必要はなく、“困ったちゃん”の夫を手のひらで転がすくらいの余裕をもって接しましょう」(原口先生)