「軽症、予備軍を合わせると、日本人の5人に1人が、大きないびきとともに、睡眠中に何度も呼吸が止まる、SASを発症しているといわれています。しかし治療を受けているのは40万人ほど。未治療の重症患者は300万人ほどいるとみられています」

こう指摘するのは「RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック」院長の白濱龍太郎さん。

「SASは舌の根元や軟口蓋が喉の奥に落ち込んで、気道をふさいでしまうことで起こります」(白濱さん・以下同)

呼吸ができない状態が続き体が低酸素状態になると脳が危険を察知して、眠りを浅くさせる。それによって、呼吸は再開するものの気道が狭くなっているため、空気が通るたびに、軟口蓋や舌の根元が震え、いびきが生じてしまう。SASの人が大いびきをかくのはこのためだ。

「慢性的にいびきをかく人は要注意。SASの医学的な診断基準は睡眠時、1時間に5回以上、または一晩に30回以上無呼吸・低呼吸状態になることです」

これまでいびきとは無縁だった人も、加齢によってSASになることがあるという。

「女性は、更年期以降急激にリスクが高まります。プロゲステロンという、気道を広げる効果のある女性ホルモンの分泌が減少するためです」

また、肥満の人は喉の周りに脂肪がつくことで気道が狭まり、SASを発症しやすいという。

「しかし、やせているから安心というわけではありません。SAS患者の3割は、BMI値の正常な人。見た目はやせていても、喉の周りに脂肪がついているということもあります。そもそもアジア人は骨格的に顎や鼻が小さく、気道が狭いのが特徴。SASになりやすいのです」

また、口呼吸の人は舌の根元が沈下しやすくなり、気道が狭まる傾向があるという。

「花粉症や鼻炎を患い、口呼吸が習慣になっている人は、SASになるリスクが高いのです」



■いびきによって認知症や脳卒中リスクが激増

非常に身近な病いであるSAS。しかし、単なるいびきと片付けられない怖さがある。

「SASになると、眠りが浅くなり、就寝中も脳を休めることができず、日中強い睡魔に襲われることがあります。車を運転している人は、要注意です。倦怠感に見舞われ、脳機能の低下から精神バランスを崩す人もいます。また睡眠不足によって、認知症の原因となるアミロイドβというタンパク質の排出が低下してしまうことも指摘されているのです」

さらに、血中酸素飽和度が低下することで、血管が大きなダメージを受けるという。

「血管の内側の壁が硬くなる動脈硬化を起こしやすくなります。熟睡できないために交感神経が優位に働き、過緊張状態が続くことで高血圧の要因にもなります」

SASの患者は、通常の人より不整脈になるリスクが約4倍、脳卒中が倍、高血圧が倍、糖尿病が倍も上がるといわれている。

「いびきだけでなく、死につながる病気を引き起こすSAS。甘く見てはいけません」

次のセルフチェックを行い、当てはまるようならば、ぜひ医療機関を受診してほしい。





■SASを防ぐなら眠るときは「横向き」で

SASの検査は保険診療で受けることができる。

「自宅で行う簡易検査は、5,000円以下で受けられます。専用のセンサーを医療機関から借りて、睡眠時の血中酸素飽和度などをモニタリングするものです。より精度が高いのは、病院に1泊する検査。いびきや脳波、心電図などを一晩にわたって計測し、無呼吸、低呼吸のときにどのような影響があるかまで調べます。費用としては2万〜3万円ほどです」

治療法の選択肢は複数あるが、もっとも一般的なのは、鼻に装着して、空気を送り込むCPAPという医療機器を使う方法。

「月のレンタル料は約4,500円。慣れるまで時間がかかる人もいますが、非常に効果的なので、頑張りましょう」

下顎の位置を調整して、就寝中も気道を確保するマウスピースも有効。自分の顎の形に合ったものを、専門の病院で1万円前後で作製できる。さらに踏み込んだ治療法は、外科的な手術となる。

「手軽さから選択する人も多い扁桃腺やのどちんこを切除するレーザー手術は、保険診療なら、2万円前後で施術可能です。しかし、一時的にいびきを抑えられても再発したり、そもそも症状が改善しない人もいます。また、神経を傷つけたり、声に影響が出る場合もあるので、実施には慎重になったほうがいいでしょう」

軽症の場合は自宅でできる対処法で改善することも。次にまとめているので参考にしてほしい。



■睡眠時無呼吸症候群を防ぐセルフケア

(1)シムスの体位で眠る 舌が落ち込むのを防ぎ、気道がふさがるのを予防してくれる横向き寝。睡眠時の無意識下 でも横向きの体勢をキープするためには、シムスの体位(体の左側を下にする。うつぶせにはならないように。上側の足の膝を曲げる。下側の足は安定感を持たせるため、まっすぐに)で眠るクセをつけるのがおすすめ。抱き枕やクッションを膝の下に置いたり、足の間にはさむとやりやすい。

(2)あいうべ体操 「あー」:口を大きく開く 「いー」:口を大きく横に広げる 「うー」:口を強く前に突き出す 「ベー」:舌を突き出して下に伸ばす

毎食後に10回、一日30回を目安に地道に続けると、口呼吸を鼻呼吸に改善する効果が。また、舌の筋力がついて舌の落ち込みを防ぐことができる。

(3)お酒は控える お酒には筋肉を緩める作用があり、気道が狭くなったり舌が落ち込む原因に。深酒や寝酒は控えよう。

(4)鼻炎を治療する 気道を狭くしやすい口呼吸。鼻に疾患があると、鼻呼吸がしづらくなり自然と口呼吸になってしまう。気になる鼻の症状がある場合は治療を受けて。

(5)口閉じテープやマウスピースに頼る 口の外側に縦に貼って強制的に口を閉じさせるテープや、実際にSASと診断された場合、保険診療で作れる舌の落ち込みを防ぐマウスピースに頼るのも手。

「最も手軽なのは、横を向いて眠ること。上を向くと、どうしても舌が落ち込みやすくなります。抱き枕を利用して、下側の足をまっすぐに、上側の足を少し曲げて抱き枕に乗せると楽に眠れますよ」

舌の筋肉を鍛える「あいうべ体操」でも、舌の落ち込みや口呼吸を防ぐことができる。

「また、やはり肥満も無呼吸の大きな要因ですから、太っている方は無理のない範囲でダイエットをしていくことも必要です。体重を1割減らすと、無呼吸が改善するというエビデンスもあります」