「年明け早々から、パンやパスタなどが10%近く値上げされます。’22年は、これにとどまらず、ほぼ全分野の商品が値上げされる傾向にあることは間違いありません」

こう話すのは、流通事情に詳しい経済評論家の加谷珪一さんだ。

毎日の食卓に欠かせない食パンは、’22年1月1日から山崎製パンが平均9%、フジパンが平均9.7%、敷島製パンが平均6.1%の値上げを行う。パスタは2月1日から、日清フーズが約3〜9%、ニップンが約2〜9.5%と、軒並み10%近い値上げに。

じつは加谷さん、今年9月に本誌の値上げに関する記事で「1月ごろにパン、麺類が7%程度値上がり」と予測。その後、これらの品目の値上げが発表された。

「いやいや、『10%近い値上げ』は私の予測を上回る“爆上げ”。これは、全世界的にとどまらない物価の上昇を原因としています。コロナ後の景気回復への期待から、世界中であらゆる分野の発注量が急増。その需要に供給が間に合わず、価格が高騰しているんです。さらに、コロナ禍で物流網が混乱していることも、輸入品の価格上昇に拍車をかけています」

コロナ禍の物価への影響は一時的なものだが、値上げは今後も続く見通しであるという。

「まず、近年はアジアやアフリカなどの新興国の経済成長が著しく、人口増加、食事内容の高級化が進んでいます。さらに米中経済対立によって、アメリカは中国の工場への発注をストップ。その結果、減った分の売り上げを補塡するため、中国の工場は製造単価を上げざるをえなくなり、物を作るコストが上がっているのです。また、世界各国がリーマンショック後にとった量的緩和策(日本ではアベノミクス)により、世界中で物価は上昇を続けています」

主要各国が景気回復傾向を見せる中、日本は相変わらず不景気のままで、世界的な価格の上昇についていけない状況だ。

「輸入品は価格が高く、国内の商品も前記の理由で高騰している。国民が思うように消費にお金を回せず、景気が回復していかないのが日本の状況なんです」

では、新しい年はいったいどのような商品が値上がりしていくのだろうか。



■2022年1〜4月の値上がりスケジュール

【1月】

〈光熱費〉 ガス料金(大手4社):84〜113円※ 電気料金(大手10社):85〜164円※ ※いずれも標準的な家庭の電気料金とガス料金の場合

〈食品〉 1月1日:パン(山崎製パン、フジパン、敷島製パン)約4〜14%値上げ 1月1日:コーヒー(ネスレ日本)約10〜20%値上げ 1月4日:小麦粉(ニップン、日清フーズ)約1.5〜9%値上げ 1月31日から順次: ポテトチップス(カルビー)7〜10%値上げ

〈その他〉 1月1日:文房具(コクヨ)平均約8%値上げ

〈保険料〉 更新時火災保険料:全国平均10.9%値上げ

【2月】

〈食品〉 2月1日:パスタ・パスタソース(ニップン、日清フーズ)約2.0〜9.5%値上げ 2月1日:冷凍食品(味の素冷凍食品、ニッスイ、日清フーズ、マルハニチロ、日本ハム)約2〜23%値上げ 2月1日(ニッスイ)・2月28日(紀文):ちくわなど魚肉加工品約5〜13%値上げ 2月1日:ハム・ソーセージ(日本ハム)5〜12%値上げ 2月1日:食用油(J-オイルミルズ)1kg当たり40円以上値上げ 2月1日:ジャム(アヲハタ)3〜7%値上げ 2月1日から順次 :ポテトチップス(湖池屋)6〜11%値上げ 2月16日: 醤油・豆乳(キッコーマン)約4〜10%値上げ

〈その他〉 2月1日:アルミホイル(東洋アルミエコープロダクツ)15%以上値上げ

【3月】

〈食品〉 3月1日:マヨネーズ(味の素、キユーピー)約2〜10%値上げ 3月1日:ハム・ソーセージ(伊藤ハム)4〜12%値上げ 3月1日:チルド麺(日清食品チルド)6〜12%値上げ 3月1日:冷凍麺製品(日清食品冷凍)6〜13%値上げ 3月1日:醤油(ヤマサ醤油)4〜10%値上げ

【4月】

〈食品〉 4月1日:ウイスキー(サントリー)5〜28%値上げ

〈その他〉 4月1日:照明器具・蛍光灯(Panasonic)5〜30%値上げ 4月1日:首都高速道路通行料金1320円から1950円に値上げ 4月1日:バス・トイレ(LIXIL)最大40%値上げ

〈保険料〉 ●予測 4月1日:雇用保険料が労働者負担0.3%から0.5%に



■2022年5〜12月の値上がりスケジュール

【5〜7月】

〈食品〉 ●予測 6月:カカオ豆、ピーナツ10%値上げ ●予測 6月:鶏肉7〜10%値上げ ●予測 6月:フルーツ5%値上げ

〈その他〉 ●予測 5月:スーツ等ビジネス用衣類15〜20%値上げ ●予測 7月:白物家電10%値上げ

【8〜12月】

〈食品〉 ●予測 9月:魚介類7〜10%値上げ ●予測 9月:豚肉最大5%値上げ ●予測 9月:卵7〜10%値上げ ●予測 9月:紅茶10〜20%値上げ ●予測 9月:ビール5%値上げ ●予測 9月:米菓7%値上げ

〈その他〉 10月1日:75歳以上で年収200万円以上の人の医療費負担が現状の1割から2割に ●予測 10月:自動車・自転車・バイク10〜15%値上げ ●予測 10月:宅配送料3%値上げ ●予測 10月:バス・タクシー3〜5%値上げ議論が本格化



■’22年はありとあらゆるものが値上がりする

’22年の値上がりのパターンは大きく分けて2つある、と加谷さんは語る。

「ひとつは、油や食品など原材料からあまり加工されていないものが、原材料の高騰に伴って値上がりするパターンです。この潮流は、’21年から起きており、昨年値上がりした食用油やマーガリン、電気・ガス代などが該当します」

1月以降値上げされるカルビーや湖池屋のポテトチップスは、原材料であるじゃがいもの高騰が価格に大きく影響している。

「現段階では未発表ですが、’21年に値上がりしたコーヒーと同系列であるカカオ豆、ピーナツなども、6月ごろに10%ほど値上がりする可能性があります」

同じ分類では、バナナなどの果実類も夏前の6月ごろ5%程度の値上がりが予測されるという。

肉類では牛肉が継続して値上がり傾向にあるが、次に上がるのは「鶏肉」だと加谷さんは考える。

「外食産業では、高値の牛肉の代用メニューに豚より鶏を用いることが多い。そのため、鶏肉が6月ごろに7〜10%値上がりするかもしれません。ちなみに豚肉は、上がるなら9月ごろに5%ほどでしょう」

そして、魚介類は漁船の燃料代高騰により、9月ごろ7〜10%の値上がり。同時期には、紅茶が10〜20%、卵が飼料高騰により7〜10%値上がる可能性があるという。

「さらに2つ目のパターンとして、これまで値上がりしにくかった、加工の工程が多い商品の値上げも始まります。加工に手間がかかるほど、メーカーは原材料費以外の経費(人件費や広告宣伝費など)のやりくりで値上げを抑える努力ができますが、原材料費の高騰があまりにも進んだため、もうそれも“限界”を迎えているのです」

すでに値上げが発表されている“加工品”は、1月のコクヨの文具品や、4月の住設メーカーのLIXILのユニットバス、トイレなどだ。

「住宅設備は、大手のLIXILが値上げするので、各社、同等の値上げを行うことが考えられます。リフォーム価格やマンション価格に後々影響してきそうです」

’22年後半には値上がり傾向はより加速すると加谷さんは考える。

「冷蔵庫などの大型白物家電は、7月のボーナス商戦あたりに10%程度値上がりする可能性があります。自動車の価格についても10月以降に10〜15%上がると一部で予想が立てられています。自転車、バイクなどもこれと同じく引き上げられるでしょう」

4月のウイスキーの値上げによって、それ以外の酒類も9月以降5%程度値上げされるだろうと加谷さんはみる。

そのほか、宅配料金は現在据え置き状況だが、10月以降、大手から3%程度の値上がりが予想される。バス、タクシーも同じ時期の10月以降、業界団体と国土交通省の値上げ議論が持ち上がる可能性があり、上げ幅は「3〜5%程度ではないか」と加谷さん。



■値上げに翻弄されないための対処法

年を越したくなくなるほど、値上がりだらけの’22年。生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんに、値上げに対抗するための“少しでも安い買い方”を教えてもらった。

「まず、買い物はまとめ買いや定期便を活用しましょう」

Amazon定期おトク便のように、定期的に購入する商品を割引価格で自動的に届けてもらうサービスを活用するのも手。ネスレ通販では、コーヒーなどが最大33%引きになる「定期お届け便」サービスも実施している。

「業務用コーヒー販売の『コーヒー流通センター』のサイトは1グラム1円から通信販売があります。自販機では130円する缶コーヒーも、大型スーパーでは箱買いで1本あたり半額近くと割安です」

いつもコーヒーしか飲んでいない人は、まだ価格が上がっていない紅茶を飲む曜日を取り入れるのも「あり」だという。

安売りの店も活用したい。賞味期限切れや賞味期限間近などの商品を販売するECサイト「もったいない市場」では、定価の半額以下の商品が多数出品されている。

「NG行動はちょこちょこ買い。買いすぎ、使い残し、食べ残しにつながります。『1週間に1万円まで』とか、出費してよい額を先に決めることも大切です」

前出の加谷さんは、買い方の秘訣を「不要不急の買い物をせず、最小限に絞ること」とアドバイス。

柏木さんの勧める「習慣化」と併せて値上げスケジュールを活用し、計画的な出費を心がけよう。