《自分が亡くなったときは、遺骨を海にまいてほしい》と考える人が増えてきているという。そんな「散骨」に必要な費用や手続きはどうなっているのか、専門家に聞いたーー。

4月17日、神奈川県・葉山沖で、作家で元東京都知事の石原慎太郎さん(享年89)の「海洋散骨式」が営まれた。

「一緒に見送ってくれた海の友達がいて、本当におやじにとってよい場所だったんだろうなと」

次男でタレントの石原良純さん(60)は、散骨は故人の希望であったことを明かし、父親の遺言をかなえた心境をそう語っていた。

そもそも散骨とは、《死者の遺骨を粉にして海や山へまく葬礼》(広辞苑第七版)と定義されている自然葬のこと。現在その多くが“海洋散骨”だと言われている。

「石原さんのように、ご自分が亡くなったときに、散骨を希望されるという方は年々増加しています」

このように語るのは、全国45社の散骨事業者が加盟する、一般社団法人日本海洋散骨協会副理事長の中田真寛さん。

昨年、同協会に加盟する事業者が行った年間の散骨施行件数は、1,709件。毎年200件以上も増え続けているという。

同じ自然葬である樹木葬の場合、樹木や植物を墓標の代わりにして土中に遺骨を埋葬するので、「墓地、埋葬等に関する法律」が適用される。樹木葬は法律で許可された寺院や霊園でのみ行われるため、イメージはお墓に近い。

同じ自然葬でも埋めるかまくかで、決定的な違いがあるのだ。

では利用者が増え続けている散骨は、どのように行われているのか。ルールやマナー、法律上の問題はないのかなど、わからないことも多い。そこで前出の中田さんに、散骨にまつわる疑問をQ&A方式で解説してもらった。

【Q1】どんな人が希望するの?

「海洋散骨の場合、石原さんのように“海が好き”という方がもっとも多いです。次に、一人住まい、跡継ぎがいないなどといった社会的な事情から散骨を希望される方も増えています。自分が亡くなったあとに、眠る場所の受け皿として海を選ばれているのです」(中田さん・以下同)

また、残された遺族に墓の管理などで手間をかけさせたくないといった理由から、お墓を選ばないという人もいるそう。

「お墓を持つことで生じる、“お寺とのつながり”を嫌がる人が増えています。先祖代々のお寺の檀家にならないといけないのなら、いっそのことお墓に入りたくないと考えるようです」

【Q2】散骨はどこで行うの?

「当協会に加盟する事業者は、海でのみ散骨を行っております。河川、滝、干潟、河口付近、ダム、湖や沼地など、飲み水に関わる水源池では行いません。山に関しても、国有林があるほか、多くは個人が所有しています。そこで散骨した場合、不法投棄となる可能性があったり、風評被害が生まれてしまうこともあるため、山でも行っておりません」

現在、散骨に関する法律はないことから、日本海洋散骨協会では独自のガイドラインを策定している。

海をなりわいとする関係者とのトラブルの防止、海の環境保全、散骨時の安全確保のためのルールとマナーを整備して、節度ある海洋散骨に努めているそうだ。

「細かく砕かれていない遺骨が海岸に流れ着いて、“事件性がある”と騒動になることのないよう、1〜2ミリ程度の粉末にする決まりを設けています」

【Q3】散骨したい海域は選べる?

「選べます。たとえば当協会は全国に加盟店があるので、その海域に合った事業者に相談していただくのが一般的です。必ず希望がかなうわけではありませんが、事業者が調べて対応します」

ハワイなど海外での散骨に対応できる事業者もあるそうだ。



■費用はいくらかかる?

【Q4】費用はいくらかかる?

「事業者によって違いますが、大きく3つのプランがあります。1つ目は、ご遺骨をお預かりして、ご遺族の代わりに散骨までを行う『代行委託散骨プラン』。費用は約5万円。散骨を行ったポイントの緯度・経度・時間を記録した散骨証明書を発行し、後日、散骨時の写真と一緒に郵送します」

2つ目は、数組の家族がクルーザーに乗船し、乗り合いで行う「合同乗船散骨プラン」。

「費用は約15万円。全体の約50%のご家族が利用されています。そして3つ目が、『チャーター散骨プラン』。1家族が船を1隻貸し切って、ゆっくり故人とのお別れをすることができます。これが約27万円です」

ちなみに、お墓を建てる場合は100万〜350万円(墓地代+墓石代)かかるといわれており、毎年の管理料も発生する。そう考えると散骨は費用負担が少なく、“子孝行”になると言えるかもしれない。

【Q5】遺骨はすべてまく?

「すべてをまいてほしいという方と、お骨の一部だけをまいて手元に残す方、両方いらっしゃいます。前者が大体4割を占めますね。あとに残る人がいないので、生前に“遺骨を残す必要はない”と遺言を残されたケースや、手元にお骨を残さなくても供養はできるという考えをお持ちのご遺族が多いです」

一方、全体の約6割の利用者が一部だけをまくそうだ。

「お骨のすべてを海にまいてしまうと、毎年海に向かって手を合わせるだけになり、寂しい。お仏壇や手元供養という形で、写真と一緒にお骨を少しだけご自宅に置かれる方が半数以上を占めます」

【Q6】個人でも行えるの?

「可能です。ただし、自治体によっては、散骨を規制する条例などもありますので、どこにでも自由に散骨してよいわけではありません。個人でお骨を粉砕してパウダー状にするのもなかなか大変だと思います」

また、火葬の過程において、がんの原因となる有害物質、「六価クロム」が遺骨に含まれるともいわれている。散骨による人体や、海洋環境への悪影響はないのだろうか?

「火葬時の設備や副葬品によっては、遺骨に六価クロムが含まれないケースもあります。しかし、当協会では人体や環境への危険性を考え、散骨するにあたっては、六価クロムを化学的に還元する薬剤を使い、環境基準の1リットルあたり0.05ミリグラム以下に無害化処理を行ってから、機械によってパウダー状にしております」

これまで無宗教の色合いが強かった散骨だが、最近ではお寺の住職が船に乗り込み、お経を読みながら散骨したり、音楽を流しながら行うスタイルまで登場しているという。

散骨が日本の葬送の主役になる日もそう遠くないのでは……!?