ある朝起きたら、突然激しいめまいに襲われた……そんな経験はありませんか? じつはそんなめまいの多くは、脳ではなく耳に原因が。自宅でできる、めまいを解消する方法を医師に教えてもらいましたーー。

「ある日、布団から起き上がると尻もちをつくくらいの強いめまいに襲われました。“もしかしたら、脳の病気かも”と、急いで脳神経外科を受診したのですが、原因は耳でした」(50代女性)

40代以降増加する、めまいの悩み。とくに景色がぐるぐると回り、立っていられなくなったり、吐き気を伴うような強いめまいには恐怖を感じる人が多いという。

「ひどい症状から脳と関連する疾患ではないかと心配される方が多いのですが、このような回転性のめまいは、耳を原因とするめまいであることが多いんです」

そう語るのは“めまい外来”で5万人以上の患者を診てきた、聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科特任教授で、『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)の著書もある、肥塚泉さん。めまいの割は耳に原因があるという。

「なかでも多いのは、『良性発作性頭位めまい症』といって、三半規管に耳石という小さな石が入って起こるめまい。50代〜60代以降で発症することが多く、女性は男性の4〜5倍なる人が多いといわれています」

良性発作性頭位めまい症とはどのようなものなのか新潟大学医歯学総合病院耳鼻咽喉・頭頸部外科の堀井新さんが解説してくれた。

「めまいにはフワフワする“浮動性めまい”とぐるぐると周囲の景色が回るような“回転性めまい”があります。良性発作性頭位めまい症は、はっきりと回転性めまいを起こすのが特徴。持続時間は数秒から、長くても1〜2分ほど。吐き気をもよおしたり、ひどい場合は嘔おう吐とすることもあります」

頭を動かしたときに起こることが多く、ベッドから起き上がったとき、寝返りを打ったとき、靴ひもを結ぶとき、洗濯物を干すとき、目薬をさすときなど、さまざまな状況で症状が現れる。

耳に原因するといわれると、めまいを起こすことで知られるメニエール病が有名だが……。

「メニエール病は症状が数十分続いたり、難聴や耳鳴りを伴うことが特徴。このような症状があれば耳鼻咽喉科を受診してください。“危険なめまい”は、脳に原因があるケース。めまいのほか、意識の混濁、ろれつが回らなくなる、手足が麻ま痺ひする、立ち上がれないなどの症状があると脳卒中の可能性があるので、早急に医療機関へ」

そもそもなぜ耳が原因で、めまいが起こるのか? それには耳が果たす役割が関係していると前出の肥塚さん。

「耳には、体のバランスを取る役割があり、そのセンサーとなるのが三半規管と耳石器です。三半規管というのは、その名のとおり、3つの半円形の管からできています。管の中はリンパ液で満たされており、頭が動くときのリンパ液の流れ方で、前後・左右・上下、どんな回転運動をしているのかを感受するのです。一方、耳石器という袋状の器官には、目には見えない“ミクロン単位”の細かい粒々である耳石が入っています。三半規管と同じように、頭を動かすと耳石器の中の耳石も動き、頭部に加わる加速度や傾きを感受するのです」



■閉経後は発症しやすくなる

ところが、しばしば耳石が耳石器からはがれて、三半規管の中に入り込んでしまうことがあり、これが良性発作性頭位めまい症の原因だと肥塚さんは続ける。

「頭を打ったり、同じ横向きの姿勢で長時間寝ていると、耳石が三半規管に入り込むことがあるんです。三半規管の中に耳石が入り込んだ状態で頭を動かすと、同時に耳石も動き、三半規管のリンパ液の流れに変化が生じます。頭を動かすのをやめても、耳石が動きつづけていると、三半規管内のリンパ液は流れ続け、脳には頭が動いているという信号が送られ、バランス感覚がくるってしまい、めまいが生じるのです」

特に女性は閉経後、カルシウムが体内から溶け出すことを抑制するエストロゲンが減少し、骨粗しょう症のリスクが増加。耳石もカルシウムでできているため、閉経後はもろくなってはがれやすくなり、発症する人が増えるという。

「症状がひどい場合は、抗めまい薬などが処方されるケースもありますが、基本的に三半規管に入り込んだ耳石を物理的に取り除かなければ治りません」

病院では、特殊な眼鏡をかけて頭をさまざまな方向に動かし、あえてめまいを起こさせる。

「まずは左右で6つある半規管のどれに耳石が入り込んでいるのかを調べます。場所が特定できれば、医師が頭の角度を変えるように動かして、耳石を三半規管から排出。初回の診察で7割ほど、複数回の受診でほとんどのケースが治ります」

しかし、医療機関に行かずとも、耳石さえ排出されれば、めまいは治る。今回は、肥塚さんに自宅で実践できる、耳石の排出を促す体操を教えてもらった。

「改善・予防のために有効なのが布団の上でゴロゴロと寝返りを打つ体操。目を閉じていても、開けていてもどちらでも構いませんので、起床時・就寝時に10回ずつやってみましょう。三半規管の中に入った耳石を減らすあるいは排出させることができます。『首振りウオーキング』でも、予防効果が期待できますよ」

【めまいを治す!「ゴロゴロ体操」】 〈1〉布団やベッドの上にあおむけに寝て10秒数える。 〈2〉寝返りを打つように体ごと左に傾けて、10秒数える。 〈3〉再びあおむけに寝て10秒数える。 〈4〉寝返りを打つように体ごと右に傾けて、10秒数える。

〈1〉〜〈4〉を10回、起床時と就寝時に行う。

【予防に効果的!「首振りウオーキング」】 〈首傾げウオーキング〉:首を左右に10〜20度くらい交互に傾けながら、近くのものを見続けて10歩、遠くのものを見続けて10歩、まっすぐ歩く。 〈うなずきウオーキング〉:首を上下に10〜20度くらい交互に傾けながら、近くのものを見続けて10歩、遠くのものを見続けて10歩、まっすぐ歩く。

どの運動も外出のたびに意識的に行う。4歩進むごとに首を1往復させるくらいの速さを目安に。歩く速度はふだんどおりでOK。周囲の安全に注意しながら実施しよう。

※まずは医療機関へ。体操により一時的にめまいの症状が悪化することがあるが、効果がでている証拠。無理のない範囲で続けよう。体操の出典:『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)

「就寝中に寝返りを打つことも重要です。同じ姿勢を継続していると、耳石の塊ができてめまいを起こしやすくなります。寝返りを打ちにくいやわらかすぎるマットレスや、重い掛け布団は避けたほうがいいでしょう。高めの枕にすれば、耳石が三半規管に入りづらくなるという論文結果もあります」

“耳石を三半規管にためない”ように、意識して生活することが大切なのだ。



【図解】耳石が三半規管に入り込むとめまいが発生





【図解】めまいを防ぐゴロゴロ体操



※まずは医療機関へ。体操により一時的にめまいの症状が悪化することがあるが、効果がでている証拠。無理のない範囲で続けよう。体操の出典:『めまいは寝転がり体操で治る』(マキノ出版)