夏に気になる体臭。電車など密閉空間で自分のニオイに不安になったことはないだろうか。じつは、ニオイの原因となるベタベタ汗は、“お風呂”で解決できるのですーー!

湿度と気温が上がる季節になると、「ツ〜ン」と鼻につくニオイが全身からたち込めて、不快な気分になる。

「特に梅雨から夏にかけて、シャワーだけで入浴を済ませてしまおうと思う人は多いでしょうが、湯船にしっかりつかると疲れが取れるだけでなく、体にいいことがたくさんあります」

そう語るのは、『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案 最高の入浴法』(大和書房)の著者で東京都市大学教授の早坂信哉先生。入浴を医学的に研究する早坂先生がこの時季に提唱しているのが「お風呂の汗トレ」だ。

「汗は皮膚にある汗腺で作られます。汗腺で作られた汗には塩分などの体に必要な成分が含まれているのですが、体の外に出る手前で、再吸収して水だけを外に出すようにしています。なので、本来の汗は塩分が含まれないサラサラ汗で、ニオイはありません。もっと暑くなって体温が上がると水分を出すのに精いっぱいで塩分などの再吸収が間に合わなくなり、塩分を含む汗が出てきます。このベタベタ汗がニオイの原因なのです」(早坂先生・以下同)

冷房が効いた室内で長時間過ごしたり、汗をかく機会が少ない人は、ベタベタ汗をかきやすい。ふだんから汗腺を鍛えて、汗をかきやすい体質にしておくと、ニオイのきついベタベタ汗ではなく、サラサラ汗になるという。

■半身浴ではなく肩までつかろう

汗をかくためには運動などさまざまな方法があるが、簡単なのは毎日の入浴時にちょっとした工夫をする「汗トレ」だ。

まず、基本の入浴は40度のお湯を張った湯船に15分ぐらいつかること。半身浴ではなく肩までつかる全身浴がおすすめで、かなりの汗が噴き出してくる。

くさい汗からおさらばできるだけでなく、血流が促され自律神経も整うので疲れが取れる。入浴をすると副交感神経が優位になるので深い眠りにつくことができる、といったメリットがたくさんある。

もっといい汗をかくために、お風呂でできるさまざまな「汗トレ」を教えてもらった。



【1】湯船につかりながらビニール傘をさす

湯船につかりながらビニール傘をさすと、傘の内側がミストサウナ状態になる。

「傘の内側は5度ぐらい温度が上がり、発汗量はかなり増えます。ミストサウナに入っているのと似たような状態になるので、上半身や手足の先、体のすみずみまで温まり、血行促進に効果的です」

冷房の効いた部屋にいすぎて体が冷えたときは、ミストサウナ状態にしてじっくり温まろう。

【2】体温が上がる入浴剤を入れる

温浴効果を高める入浴剤を使うのもいい。

「ドラッグストアなどで売られている粉末状のタイプは硫酸ナトリウムが主成分で、保温効果が高まるといった効果もあります。また、泡が出るタイプの炭酸ガス入りのものもいいでしょう。お湯に溶け込んだ炭酸ガスが皮膚から吸収されると、血管を直接広げる働きをしてくれるので血流を促します」

体温の上昇とともに発汗作用が高まるという。

■無理しない程度に続けてみよう!

【3】お湯の温度を少しずつ上げる

最初は38〜39度ぐらいのぬるめのお湯につかり、温度を40度に上げていく方法もある。

「シャワー派の人や熱いお湯に慣れていない人は、いきなり40度の湯船に入るのはきついと感じるかもしれません。少しぬるめのお湯に入って、少しずつお湯の温度を上げていく。それでも汗は大量に出てきます」

熱いお湯がどうしても苦手という人は、15分頑張ってつからず、10分に短縮する、途中で湯からいったん出るなどしてもいい。

【4】水分を取る

水分の補給は安全な入浴には必須。特にのどが渇いていなくても、入浴前には最低でもコップ2杯の水を飲んでおきたい。

「入浴中にも水を飲むと、汗が出やすくなります。汗と一緒にミネラル分が失われますので、ミネラルウオーターなどがいいでしょう」

【5】すぐに体を冷やさない

お風呂から上がったらすぐに冷たい風にあたりたくなるが、お風呂で汗をかいた後、扇風機や冷房の風で涼むのはNG。

「せっかく温まった体が冷えてしまい、血流のよい状態がすぐに終わってしまいます。お風呂から出たら、イスなどに座って休みながら、早めにタオルで水分を拭き取りましょう」

「汗トレ」の注意点として、食事の前後30分の入浴は、消化を妨げるので避けたほうがいいという。

湯船から立ち上がったときに立ちくらみや脈拍が速くなったらすぐにお風呂から上がって休むこと。体調が悪いときには無理にやらないようにしよう。

毎日のお風呂の時間を使って簡単にできる「汗トレ」で、不快な季節を快適に過ごそう。