「昨年来、食品の急激な値上げを実感します。そのなかでお菓子は数年前から価格は変えずに内容量を減らす“ステルス値上げ”がされてきました。子供も購入する商品であるため、価格を上げるのが難しい部分もあったのでしょう。しかし、もはや企業努力だけでは価格を維持することができなくなってきているようです」

こう語るのは、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さんだ。

チョコパイ(9月6日〜)などチョコレート類、ポテトチップス(9月1日〜)などスナック類、あずきバー(9月1日〜)など氷菓類と、値上げ商品は全方位的だ。

スーパーなどに並んでいるお菓子を集めると、その種類はのべ64にも及んだ。

「特に注目すべきは、9月5日に20円から23円に値上げしたチロルチョコと、今年4月に10円から12円に値上げしたうまい棒。チロルチョコは今の形になって以来29年ぶり、うまい棒は発売以来42年で初めての値上げです。値段のキリがよく、10円玉で購入できる商品の値上げは、メーカーにとって苦渋の決断だったのでは。お菓子業界の値上げの異常事態ともいえるでしょう」(柏木さん・以下同)

値上げの主要因は、原油価格高騰による物流・製造コストの増加、ウクライナ情勢の悪化などによる小麦や油脂の価格上昇、そこに1ドル約140円台も記録した急速な円安で、輸入コストが増大したことが追い打ちをかけた。

こうした背景のほかにも、お菓子類特有の事情が隠されているようだ。

「まず、お菓子の原材料に目を向けると、気になるのは小麦粉同様に、砂糖が急騰していること」

今年7月、昨年来4度目となる値上げで6%増になったばかり。

「原料の輸入コスト高騰、円安によって高値が続いている状態です」

チョコレート製品に欠かせないカカオも高騰。

各菓子メーカーが商品値上げの要因と挙げているのは、パーム油の高騰だ。

【解説】2022年値上げされた&されるお菓子



現在、ひまわり油の世界的な産地であるウクライナがロシアに侵攻され輸出が滞っている。そのため各国でひまわり油の代替品としてパーム油の需要が増加。

パーム油の産地であるインドネシアでは、じつに70%値上げされた製品もあるという報道も。

「チョコレート製品に欠かせないカカオも、数年前から産地の人手不足などにより、各国で供給不足の状態が続き値上がり傾向でした」

さらに直近ではカカオ産地であるガーナの天候不良、円安による輸入コスト増が重なった形だ。

原材料以外にも要因が。

「とくにお菓子は個包装が施される商品。石油化学製品である包装資材は、原油価格の影響が大きいといえます。また、9月の値上げには井村屋や赤城乳業などの氷菓の値上げも目立ちます。氷菓の場合は製造段階でも輸送段階でも冷凍処理が必要なので、コストが大きいのです」

こうした状況下、企業努力だけでは価格を維持できず、上半期に約10%、さらに9月以降に10%以上“再値上げ”する商品も。

「一度に20%以上値上げすると購買行動への影響が大きいので、段階的に値上げしたいメーカーの思いもあるのではないでしょうか」

つまり、一度値上げした商品が、再値上げしないとは限らないのだ。

「今後も容赦ない値上がり傾向は続きそうです。’21年の家計調査によると、お菓子の月の平均支出額は7,350円。お菓子の価格が平均13%増したという帝国データバンクの数値を基に計算すると、おやつ代は1カ月955円増。今後の値上げも考慮すれば、これまでよりも月1000円を超える出費増を覚悟すべきでしょう」

だからこそ、日々の対策も求められる。

「定価で買わずドラッグストアや量販店など安売りの店で買う、特売のときにまとめ買いする、安さが売りのPB商品などを利用するなどして、乗り切りましょう」

現実はスイーツのように甘くはないのだ。