image
『金漢率氏(YouTubeより)』

「父は殺された」

3月7日、脱北者団体の公式サイトに公開された動画で、金正男氏の長男・金漢率氏(21)はこう話した。

その背景には、叔父・金正恩朝鮮労働党委員長(34)への、「包囲網」が着々と狭まっていることがあるという。

「漢率氏が動画を公開できたのは、韓国の国家情報院とアメリカのCIAが関与したからです。だからこそ、堂々と動画を流せたわけです」(軍事ジャーナリスト・黒井文太郎氏)

中国・マカオにいたとされる漢率氏。動画の公開には、中国も一枚噛んでいたようだ。

「公開後、団体のサイトには、感謝する国として中国の名が挙がっています。中国の情報機関との間で、裏交渉があったはずです」(同前)

3月に入り、史上最大規模で展開中の米韓合同軍事演習を挑発するかのような動きを、北朝鮮は見せた。6日、弾道ミサイル4発を発射し、うち3発を日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾させた。

安倍晋三首相とドナルド・トランプ米大統領は即座に電話で対応を協議。元TBSワシントン支局長で、官邸中枢に精通するジャーナリストの山口敬之氏が内情を明かす。

「安倍首相は政府関係者に、『(北朝鮮が)一線を越えたか』と言ったそうです。対する米軍は、『斬首作戦(特殊部隊が正恩氏の身柄を直接狙う作戦)』と『限定空爆(司令系統を中心にピンポイントで攻撃)』に踏み切るか、検討しつつあります。官邸内には、『発射で、トランプ氏が何もしないことは、ほとんど考えられない状況になっている』という声まであるほどです」

トランプ政権が、米本土に到達する核ミサイルを正恩氏が手にしたと判断すれば、米軍による北朝鮮への攻撃は現実味を帯びてくる。

「ここまで米軍が踏み込んだのには、理由があります。事前の発見が難しい固体燃料型ミサイルの開発、核弾頭の小型化に、北朝鮮が成功したと判断したからです」(黒井氏)

前出・山口氏は強調する。

「作戦に関する情報も、日本政府に続々と届いている状況です。作戦決行の可能性は日増しに高まっています」

(週刊FLASH 2017年3月28日、4月4日号)