image

シングルマザーの子育ての大変さを訴えて政治に打ち込んでいるかと思いきや、イケメン市議会議員との不倫が発覚した、自民党の今井絵理子参議院議員(33)。

相手の橋本健・神戸市議会議員(37)には妻子がいるが、2人とも「お互いに好意を持っていた」と認め、「一線は越えてない」と主張している。

だが“恋人気分”にうつつを抜かす2人は「まったく周りが見えていなかった」と話すのは、2人をよく知る知人。

「橋本議員は2月16日生まれ。今年の彼の誕生日も、2人は夜を一緒に過ごしたそうです。今井議員が用意したバースデーケーキのメッセージプレートには『LOVE』と書かれていたと聞きました」

じつは今回の不倫報道で、もう1人の“恩人”が今井のもとを去った。初当選以来、議員活動を支えてきた議員秘書のB氏が、今回の報道を受けて辞職したのだ。

「Bさんは、今井が所属していた芸能事務所から転身して、秘書として彼女の政治活動を支えてきました。でも、橋本議員との関係について、まったく知らされてなかったんです。かねがね今井議員に、身辺関係については注意をしていたそうで、“裏切られた”という思いが強いのでしょう。『もう支えられない』と辞表を出したと聞きました」(自民党関係者)

政治評論家の有馬晴海氏は、今井の今後をこう心配する。

「シングルマザーの子育てや障がい者支援の大変さなど、訴えてきたことが全部この不倫疑惑で吹っ飛んでしまった。今後、何を言っても“今井さんは自分の人生のほうが大切なんだ”と思われてしまいます。このままでは発言に信憑性が問われますね」

国会議員になってしまった重大さを、今井議員はいま初めて身に沁みて感じているかもしれない――。