image

両陛下は7月24日から28日まで、那須御用邸で静養された。皇太子さまご一家も8月には例年、須崎御用邸や那須御用邸で過ごされている。

皇族の方々が「夏休み」を過ごされる場所といえば、皇族の別荘ともいえる御用邸だ。葉山御用邸(神奈川県)、那須御用邸(栃木県)、須崎御用邸(静岡県)の3つの御用邸があるが、それぞれにどんな特色があるのだろうか。

両陛下が最も頻繁に訪れるのが葉山御用邸。3つの御用邸のうち最も皇居から近く、ご友人も多いからだという。

御用邸は海岸に面しており、両陛下が散策されることもある。6月のご静養の際には海岸にいた親子連れの海水浴客からサーフィンをしていた青年にまで、両陛下がお声がけされていた。

いっぽう、皇太子さまご一家が好まれているのは那須御用邸だという。登山好きの皇太子さまご一家は、御用邸に近い茶臼山や朝日岳に登られることも。

敷地内はたいへん自然豊かで、植物学者でいらっしゃった昭和天皇が『那須の植物』という本を執筆されたほど。'11年には「那須平成の森」として御用邸用地の約半分が一般に開放された。

静岡県下田市の須崎御用邸も、葉山と同じく海に面しているが、こちらはプライベートビーチ。愛子さまは昨年「バタフライ以外は全部泳げるようになりました」と出迎えた川勝平太静岡県知事に話していて、海水浴は楽しみにされているようだ。

ちなみに御用邸までの移動手段は、葉山へは自動車、那須へは新幹線、須崎にはE655系という列車が使われる。皇太子さまご一家がご乗車になるときには1車両が貸切りとなり、両陛下がご乗車の場合は全車両が貸切りの「お召し列車」となる。