昨年の秋篠宮さまの誕生日、秋篠宮家の5人がそろって笑顔を見せる家族写真が公開された。秋篠宮さまが会見で「結婚を認める」と明言されたように、眞子さまへの“温情”によって円満を取り戻したかに見えた秋篠宮家には、再び大きな亀裂が生じている――。

新型コロナウイルスのワクチン接種についても、秋篠宮ご夫妻と佳子さまが7月21日に宮内庁病院で1回目の接種を受けられた一方、眞子さまは2週間以上遅れて8月5日にお一人で接種された。

「もしかすると当日の体調や、博物館での仕事の予定から、眞子さまだけ別の日程となったのかもしれませんが……。宮内庁はプライバシーに関わるとして皇族方のワクチン接種について公式には何も説明していません。これでは家族の不和が原因という見方が広がっても仕方がないでしょう」(皇室担当記者)

7月30日には、小室圭さんがニューヨークで就職する見通しになったとNHKが報じたのだ。しかも、小室さんは今後の生活の基盤をアメリカに置くつもりだという。

大きな疑問は、いったい誰が“就職の見通し”の情報をNHKにリークしたのかということだ。前出の皇室担当記者が声を潜める。

「実は宮内庁内では、小室さんの母・佳代さんがその情報源だったのではといわれているのです。4年前に眞子さまと小室さんの婚約内定をスクープしたのもNHKでしたが、その際、情報が確実なものか最終確認するために佳代さんに接触していたようです。ですから、今回も佳代さんから情報がもたらされた可能性は高いと思われます」

6月に発売された『週刊文春WOMAN』では、初めてマスコミのインタビューに答えていた佳代さん。小室家のさらなるイメージアップのために動いているのだろうか。



■ワクチン接種も別々、深まる眞子さまの孤立

ニューヨーク州の司法試験の合格発表は12月。晴れて合格となれば就職も正式に決まり、小室さんはニューヨークで安定した生活基盤を手に入れることになる。

「クラウドファンディングやベンチャー企業の支援についての論文を発表している小室さんは、2千万円以上の高年収も狙える企業法務を担当する弁護士を目指していると思われます。また、眞子さまご自身もすでにニューヨークでの就職を模索され始めているかもしれません。

現在、博物館にお勤めの眞子さまは、現地の大学やミュージアムへの転職を考えていらっしゃっても不思議ではありません。アメリカの社交界は非常に王室や皇室への関心が強く、眞子さまも引く手あまたでしょう。小室さんと2人でニューヨーク生活を始めてしまえば、なし崩し的に結婚できるとお考えかもしれません」(前出・皇室担当記者)

だが、その“代償”は大きいものになるのではないかと宮内庁関係者は語る。

「秋篠宮さまは昨年11月、誕生日に際しての記者会見で『結婚を認める』とおっしゃいました。決して賛成はできないなかでも、眞子さまの意思を尊重する選択をなさったのです。それと引き換えに、『多くの人の納得』に向けて眞子さまと小室さんが努力することを秋篠宮さまは期待されたのですが、その願いはむげにされてしまいました。

次の11月の秋篠宮さまの会見では、眞子さま、小室さん、そして情報操作に暗躍しているとみられる“黒幕”佳代さんに対して、これまでにない厳しいお言葉があるはずです。それは、“絶縁宣告”ともいうべき内容になることでしょう」

秋篠宮さまがどれほど厳しい姿勢を見せたとしても、眞子さまは小室さんと、そして佳代さんとともに歩む道を選ぶのか――。