3年半もの間、“延期”されている眞子さまと小室圭さんのご結婚――。この問題について、来月11日に公表される、秋篠宮家の紀子さまが55歳のお誕生日に際して公表される文書が注目を集めている。文書では眞子さまのご結婚についても触れられる見込みで、小室圭さんがニューヨークで就職する予定との報道があるなか、大きな進展がある可能性も考えられる。

先だって、8月27日、紀子さまより一足早く55歳の誕生日を迎えたのが、小室圭さんの母・小室佳代さんだ。眞子さまのご結婚に大きく関わっている佳代さんの周りには、いまだ説明がなされていない謎が多く残る。その謎を整理してみよう。

【謎1】そもそもお金は持っていた?

佳代さんの元婚約者が400万円の返済を求めたことに始まった今回の騒動。そもそも、佳代さんはお金に困っていたのだろうか。

圭さんの幼稚園の送り迎えには、真っ赤なアウディを使っていたという佳代さん。さらに、圭さんを幼いころからヴァイオリン教室に通わせ、自宅からかなり離れた音大付属小学校や、中高6年間の学費が1,000万円越えと言われるインターナショナルスクールにも通学させていた。

「佳代さんは有名な洋菓子店に正社員として勤務していましたし、市役所勤務だった夫・敏勝さんの遺族年金を受給していました。また佳代さんは父親と同居しているので、家計収入は少なくはなかったのかもしれません。現在も解決金として400万円を支払う意向があることを代理人が語っています。お金がなくて金銭トラブルになっているというわけではないのかもしれません」(皇室担当記者、以下同)

【謎2】400万円は何に使われたのか?

当初、元婚約者が佳代さんに貸したと主張する400万円は、国際基督教大学(ICU)に通っていた圭さんの学費にも使われていたと報じられてきた。しかし、圭さんの代理人は「(ICUの)入学金は圭さん自身が、期限までに納入しています。その主な原資は、彼が高校生のころにアルバイトをして貯めたお金でした」と昨年11月に本誌に語ったのだ。さらに、入学後の学費についても「圭さんは、ICU在学中は奨学金を利用していました。入学金と1学期目の授業料などは圭さん自身の貯金から支払い、それ以降の学費は全額、奨学金で賄っています」と説明している。

「これは元婚約者側の当初の主張を覆すものでした。学費に使われていたのであれば圭さんも金銭トラブルに無関係ではないと思われていたことが、騒動をより大きくしたからです。しかし、これにより400万円の使途はなんだったのかという新しい疑問が生まれたのですが、金銭の行方についてはまだ説明がなされていません」

【謎3】佳代さん一人にも警備がついたのはなぜ?

NHKが「眞子さま 同級生とご婚約へ」と報じたのは17年5月16日だった。その翌日には圭さんと佳代さんが警護にあたる警察官と出勤する姿が報じられた。

「圭さんに警護がつくのは、黒田慶樹さんが清子さんとのご婚約について報じられたときと同じでしたが、母親の佳代さんが単独で移動する時にも当初から警察官による警護がついていました。黒田さんのときとは違う対応です。まだ金銭トラブルが発覚する前だったので、なぜそこまでするのか異様な感じでした」

月額500万円とも600万円とも報じられた小室家の警備。圭さんの留学後は警備が行われていないが、小室家のマンションの前には圭さんの帰国を待つように2年間ポリスボックスが設置されたままだ。

【謎4】なぜ元婚約者との面会を拒否し続けるのか?

秋篠宮さまが「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」とまで言及されたご結婚問題。鍵を握る、金銭トラブル解決に向けた交渉は、400万円の返済を求めた元婚約者側に解決金として同額を支払うことで両者が合意するとみられていた。だがいまだに解決しないのは、元婚約者側が求める佳代さん本人との面会が実現していないからだという。

「今年4月に出された“小室文書”では《(元婚約者から)ここまでの攻撃をされるというのは、ご真意とされているもの以上のお考えがあるように思えてなりませんでした》と書かれています。ここで“ご真意”と触れられているのは、元婚約者が当初から語っている、“どんな形でも400万円が戻ればいい、結婚を邪魔するつもりはない”という主張のことでしょう。つまり、佳代さんは今も元婚約者側に別の意図があると思っている可能性が高いということになります」

4月の段階では「長期入院中」を理由に面会を先延ばしにしていた佳代さん。今後は方針転換があるのだろうか。

【謎5】小室家の親子関係は良好なのか?

「もし圭くんが眞子さまと結婚しても、佳代さんと別居することは考えられないよ。社会人になった後でも、地元商店街で親子2人が並んで歩く姿を何度も見かけた」。小室親子を知る男性がこう語るほど、佳代さんと圭さんは“母子密着”状態にあると周囲は見ていた。

ところが、今年6月に発売された『週刊文春WOMAN2021夏号』に掲載された佳代さんのインタビューでは、「息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。(中略)米国留学してからは、それほど連絡はとっていません」と自身で“母子密着説”を否定している。

「圭さんは4月の“小室文書”を公表する日を佳代さんに伝えていなかったそうで、金銭トラブル解決に向けて親子の足並みがピタリとそろっているわけではないこともわかってきました。それがこの問題が3年半経っても解決しない理由のひとつなのかもしれません」

「多くの人が納得し喜んでくれている状況」になるのはいつの日のことなのだろうか。