「小室圭さんがニューヨーク州の司法試験で2度目の不合格になってから、“小室夫妻はいったん日本に帰国するべきではないか”という論調の記事も散見されます。

確かにNYは物価も上がっており、小室圭さんの法務助手としての収入では、赤字になってしまいます。また治安も良化しているとは言えません」(皇室担当記者)

在ニューヨーク日本国総領事館は、5月23日に治安状況について注意喚起を促している。

《在留邦人に対する暴力事件の報告が増えていますので、安全対策に御留意ください》

だが外務省関係者はこう語る。

「総領事館からの情報によれば、眞子さんに帰国の意思はなく、石にかじりついてでもNYでの生活を維持する意向とのことです。小室さんとの結婚には反対意見も多かったため、ご家族や国民への不信感も持っているようですが、一方で“アメリカで美術館の学芸員としてキャリアを積みたい”という気持ちも強いようです」

今年4月にはメトロポリタン美術館(TheMET、以下MET)運営のウェブサイトで、美術品の解説文を眞子さんが執筆していたことが判明して話題となった。

NY在住の日本人ジャーナリストによれば、

「解説文が書かれたのは2月ですが、眞子さんが移住する前の昨年10月には、すでにMETへの就職情報が流れていました。

日本にいるころからMETへのコンタクトを試みていたのは間違いないと思います。

一部のMET関係者によれば、“眞子さんの学芸員就任は既定路線”とのことですが、彼女に“追い風”も吹いているそうです」

実は、その追い風は母国・日本から吹いているという。宮内庁関係者が解説してくれた。

「菅義偉前首相は、官房長官時代から、“皇室財産の観光資源化”政策を推し進めていました。皇居・東御苑にある三の丸尚蔵館の収蔵品を国宝に指定することも、その一環なのです」

三の丸尚蔵館は、皇室に代々受け継がれてきた絵画や書、工芸品などを管理するために建設された博物館施設だ。

菅前首相はインタビューで次のように語っている。

《視察に行って驚きましたが、江戸中期の画家、伊藤若冲(じゃくちゅう)の作品だけで31点あります。「蒙古襲来絵詞」など、教科書に載っている作品もたくさんあります。(中略)文化庁の宮田亮平長官に見てもらうと、約9800点の収蔵品のうち、2500点ほどは国宝級だというのです》(『北國・富山新聞』’21年1月1日朝刊)



■米国への貸し出しが成立すれば、眞子さんの評価に

前出の宮内庁関係者によれば、

「三の丸尚蔵館の収蔵品は、以前は文化財保護法に基づく文化財指定の対象外とされてきたのです。しかし、そうした“特別扱い”をやめ、国宝や重要文化財として指定し、地方美術館に貸し出したりすることで、観光客を集めようということになったわけです。

実は一部の宮内庁職員は国宝よりも“皇室所蔵の至宝”という扱いのほうが格上と考えており、『皇室の宝が、国宝に“格下げ”されて、客寄せに利用されてしまうのか』と、嘆いたりもしています。しかし、より多くの人が鑑賞することができるというメリットがあるのも事実です」

政府の方針により、昨年9月末に国宝指定されたのは、『蒙古襲来絵詞』、狩野永徳の『唐獅子図屛風(からじしずびょうぶ)』、伊藤若冲の代表作『動植綵絵(どうしょうくさいえ)』などの5件。

「この動きは加速しており、今年度から文化庁が数人の調査官を三の丸尚蔵館に派遣し、国宝や重要文化財にするべき品を調査しているのです。少なく見積もっても数百の国宝が新たに生まれることになります」(前出・宮内庁関係者)

なぜ、こうした政府の施策が眞子さんの追い風になるのか? 前出・皇室担当記者は次のように語る。

「とりあえず“地方美術館への貸し出し”が主目的とされていますが、皇室至宝の国宝化については海外の美術館も注目しています。

また、三の丸尚蔵館の今後についての有識者懇談会では、“国内外への収蔵品とその公開についての広報の拡充”は、重要な検討課題と位置付けられていました。つまり今後は、日本文化をアピールするために海外の美術館へ貸し出しするケースも増えていくということでしょう」

また前出の日本人ジャーナリストも、

「もちろんMETも、日本政府の“皇室の宝貸与”解禁の動きは認識しています。眞子さんが“自分なら有利な条件で借りることもできる”と、自ら示唆した可能性もありますね」

実際にMETから借用の要請があった場合はどうなるのだろうか。前出の宮内庁関係者は、

「宮内庁としても、眞子さんと強いつながりを持つMETからの要請は最優先とせざるをえないと思われます。また貸し出しが成立すれば、眞子さんの実績となるでしょう」

生活環境が悪化するNYで、微笑をたたえ続ける眞子さん。“ご先祖の至宝が、自分の将来を守ってくれる”、そんな希望も抱いているのだろうか。