《長島昭久衆議院議員と共に、文部科学省の担当者よりスクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーによる相談体制の現状について伺いました。開始から約10年、今後もオンラインカウンセリングも含め、子ども達の心に早期に寄り添える手厚い支援を充実させていくことを目指します》

9月5日、こうツイートしたのは生稲晃子議員(54)。1日にも《東京都のがん研究の中核病院であるがん研有明病院を視察してきました》と報告し、新人議員として徐々に活動し始めているようだ。

安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件が直前に起こり、波乱のなかで行われた参院選から2カ月。生稲氏は当選直後、《安倍先生のご遺志を引き継ぎ、優しく、強い政治家として任期の6年間を全力で働いてまいります》とTwitterで抱負を綴っていた。

そんな生稲氏といえば、アンケートを“ほぼ無回答”で提出するなど選挙期間中から行動が物議を醸していたが、当選後も世間を騒がせていた。

「参院選当日に放送された『池上彰の選挙ライブ』(テレビ東京系)では、各局のインタビューをすべて拒否していたと明かされました。番組は匿名の陣営関係者による、『生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないから』という発言も紹介。

すると翌日、生稲氏の選対スタッフは、同局プロデューサーと池上彰氏(72)宛に送付した抗議文をTwitterに公開。“時間の問題”を主張しましたが、ネット上では生稲氏に『自分の言葉で説明して』と非難の声が相次ぐ事態に。8月3日招集の臨時国会では報道陣が集まる正門を避け、北門からひっそりと登院。初登院日であるにもかかわらず、コソコソした行動に“マスコミ回避”と再び批判を浴びました」(スポーツ紙記者)

さらにその後は、萩生田光一政調会長(59)と選挙期間中の6月に統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の関連施設を訪問していたことが判明。霊感商法や献金被害が報告されている統一教会と政治家の“癒着”が問題視されているさなかだけに、これにも批判が吹き荒れた。

「生稲氏の事務所は8月17日にコメントを発表し、『新人の立場ですので、より多くの方に政策を聞いていただきたいという思いでスタッフが判断しました』と訪問を認めました。生稲氏本人も翌18日に報道陣の取材に応じ、“統一教会の関連施設という認識はなかった”と弁明。しかし、その理由として『暑かったので顔を直すことや間違えないように喋ることに必死だった』と回答。“アイドル気取り”の振る舞いが火に油を注ぐこととなったのです」(前出・スポーツ紙記者)



■帰国拒否、岸田首相を呼び捨てで物議を醸したガーシー氏

生稲氏のようにお騒がせな新人議員といえばもう1人。それは、暴露系YouTuberから転身した“ガーシー”こと東谷義和議員(50)。当選後も滞在先のドバイから帰国することなく、初登院となる臨時国会への出席を拒否し“大炎上”となった。

「参院議員運営委員会の理事会から事前に提出した海外渡航届が全会一致で否認され、ガーシー氏はインスタグラムで猛反発したのです。かねてから“政界をめくる”と息巻いていたガーシー氏ですが、当選直後に晒したのはYouTuberのキス動画。動画を公開された女性YouTuberは精神的ショックから活動休止に追い込まれ、世間からは“一般人への個人攻撃”として非難を浴びました」(芸能関係者)

さらに、こんな出来事も。8月21に岸田文雄首相(65)に新型コロナ感染が発表されると、インスタグラムに《岸田ーーーー お前がよくて、オレはあかんって事はないよなー リモートおおいに賛成 やりやすなったわー おおきにー》に投稿したガーシー氏。国会に出席もせず、首相を呼び捨てで揶揄し非難轟々となったのだった。

「ガーシー氏はエイベックスの松浦勝人会長(57)との対談でも、『岸田を下ろしたい』と嫌悪感をあらわにしていました。以前からガーシー氏が暴露のターゲットにしている木原誠二議員(52)を、官房副長官に据えるといった待遇に反発心を抱いているようです。

いっぽうYouTubeアカウントを凍結されているガーシー氏は、ようやく有料のオンラインサロンを開設。月額3980円であるにもかかわらず、すでに4万人近くの会員を獲得しているようです。いよいよ、木原氏や中曽根康隆議員(40)をはじめ、選挙公約に掲げていた“47暴露”を実行していくものとみられます。ですが立花孝志党首(55)も指摘していたように、不正などを暴かれた政治家が辞任するなどの影響を与えない限り、“国民の納得”は得られないでしょう」(前出・芸能関係者)

世間を騒がせた新人議員の2カ月。今後、どのような活動をしていくか一挙手一投足に注目が集まっている。