ビジネス書『頭のいい人が話す前に考えていること』(ダイヤモンド社)の著者・安達裕哉氏が12月1日、X(旧Twitter)を更新。その内容が波紋を呼んでいる。

今年4月に発売された『頭のいい人が〜』は、11月に41万部のベストセラー(トーハン/ニッパン調べ)を記録し、“23年日本で1番売れたビジネス書”の称号に輝いた。その著者である安達氏は有名企業で経営コンサルティングに従事したのち、マーケティング会社の社長としても活躍する業界最注目のビジネスパーソンだ。Xのフォロワーは4万人を超え、連日、仕事で役に立つスキルやマネジメントについて発信している。

そんな安達氏だが、1日にこう投稿した。

《繰り返しますが、上司には「態度がムカつく部下には教えない、相手にしない」と言う権利があります。ガンガン見捨ててOK。部門の業績さえ良ければ、誰を相手にするかは当然、自由です》

普段からマネジメントなどについて鋭く指南し、オウンドメディア支援の会社の代表を務め、コンサルティング、Webメディアの運営支援などしてきた安達氏。そんな同氏による“ムカつく部下”への強気な持論はSNS上で波紋を呼ぶ事態に。

《同僚とかならまだしもこんなクソ上司居たら組織腐るから要らない ワンマン社長で1人で仕事すればいい》 《SNSに対する意識の低さが凄いCEOのいる会社嫌過ぎるな。逆に見捨てられそう》 《CEOが顔出しでパワハラ容認!?うせやろ…》 《やな上司だな〜。仕事覚えさせないと業務が回らんでしょうが。無能か》

いっぽうで、安達氏の主張に理解を示す人も。

《しっかり燃えているpostだけど、 「使えない奴はどんどん投げ捨てていく」ニュアンスというよりは、 「ああもうダメかもな…」つって掴んでいた手を放してしまうタイミングが時々あるというニュアンスの話だと思っています》 《「人材育成できない上司は上司としてクソ」という意見が散見されるけど、上司は組織を中長期的に発展させる責任はあれどむかつく部下を更生させる責任はありません》

現在、投稿の表示回数は770万回を超えている。顔出しで発信してきた経営者の衝撃発言に、社員は何を思うだろうか。