「田中投手が帰国したのは、もちろんヤンキースからFAになったことが大きいのですが、実は妻子のためでもあったのです。米国では長男がスクール(日本でいう幼稚園)で嫌な思いをしたそうなんです。“コロナ絡みで差別を受け、怖い思いをした”と。妻の里田まいさん(36)も不安を訴え、田中投手としても家族の安全を最優先し、日本に戻る決断をしたようです」(スポーツ紙記者)

3月26日にプロ野球が開幕。米大リーグから7年ぶりに日本球界に戻った楽天・田中将大投手(32)は本日行われた第2戦に登板予定だったが、ふくらはぎ付近に張りを訴え、回避することとなった。復帰登板が伸びた田中選手だが、その人気は健在だ。

「マー君人気は絶大です。日本に戻ってきた彼の登板を一目見たいがため、オープン戦の内野席が売り切れるだけでなく、ふだん発売しない外野席も長蛇の列ができるほどです」(前出・スポーツ紙記者)

日本のファンの絶大な声援を受け、仙台のマウンドに戻ってきた田中投手だが、背景には「家族を守りたい」思いがあったという。

「昨今、ヘイトクライムが大きな社会問題になっている米国ですが、昨春のコロナ禍以降、アジア系への差別が激増。“新型コロナウイルスは中国から広がった”とし、アジア系の人々がいじめや虐待を受ける事例が頻発したのです。ある調査では、米国に住むアジア系青少年のコロナ差別報告のうち、81.5%が“いじめや言葉による嫌がらせを受けた”と報告されています。特に子供たちは学校、公園で嫌がらせを受けたというデータがあります」

そう明かすのは、米国在住ジャーナリスト。

「カリフォルニアではアジア人の所有する幼稚園のドアに糞便がぬられ、屈辱的なメッセージが書かれるなど、反アジアの人種差別の報告が相次ぎました。8歳の中国系女児が学校で《パンデミックを引き起こしたのはお前とお前の仲間だ》と、男子同級生に非難されたという事例も。そのため、アジア系の子供たちを持つ両親は、通学に危険を感じる状況に陥ってしまったのです」(前出・在米ジャーナリスト)



■「身の危険を感じさせられる出来事が…」

里田は'19年6月に第2子となる女児を出産。昨年3月下旬、まだヤンキースに所属していた田中投手は家族4人で緊急帰国していた。その理由について、ツイッターで自らこうつづっている。

《キャンプ中断後もキャンプ地フロリダで生活していく中で、新型コロナウイルス感染以外でも身の危険を感じさせられる出来事があり、十分に注意をしながら一時帰国する決断をいたしました》('20年4月2日付)

当時、ヤンキースの本拠地・NYでは8万件を超える感染者が報告され、約2千人の死者が出ていた。さらに、“身の危険”を感じるほど、自分や家族の安全が脅かされていたというのだ。

「再び米国に戻った昨秋、里田さんはオンライン授業になった長男のため、英語と格闘しながらネット環境を整えていました。しかし、SNS上でのヘイトクライムを目にしてしまうこともあったようで、ストレスに感じていたといいます。田中投手は昨シーズンで7年161億円の契約を終えましたが、コロナ禍が続く社会情勢は変わらず、家族を守るために米国の他球団移籍という選択肢は考えなかったようです」(前出・スポーツ紙記者)

帰国した田中一家は現在、都内の高級マンションで暮らしているという。里田はインスタグラムに、長男が通っている今の幼稚園についてこうつづっている。

《子供たちの成長を感じるとともに、毎回いろんなアクティビティを考えてくださる園の先生方に感謝の気持ちでいっぱいになる。(略)安心して信頼して子供たちを預けられる場所があるという有り難さを感じながら。パパもがんばってるし、ママもがんばる!》(2月12日付)

家族の事情に加え、田中には楽天のホームである被災地・仙台への強い思い入れもあった。現在発売中のスポーツ誌『Number』で、田中は楽天への復帰について率直に語っている。

《今回、FAになって、初めて自分でチームを選択できる権利を持ちました。そのタイミングがたまたま(東日本大震災から)10年目か、ということを考えた瞬間はありましたね。(略)5歳の長男はもう、野球のことをわかっているからね。自分が好きでやっている野球ですから…うん、ボロボロになれるまでやれたらな、と思います》(4月1日号)

東日本大震災の発生当時、被災地の惨状に心を痛めた田中投手は、翌々年、楽天に悲願の初優勝をもたらし、東北のファンの心を奮い立たせた立役者となった。3月27日、復帰初登板となる田中投手は家族の声援を受け、東北の人々をまた勇気づける――。

「女性自身」2021年4月6日号 掲載