コロナ禍もあり出場機会の少なかった今シーズン、最終戦の世界フィギュアスケート国別対抗戦2021で羽生結弦選手(26)の笑顔が輝いた! 得点はネイサン・チェンに一歩及ばなかったものの、今季最高のトリプルアクセルを披露。「五輪のメダルよりクワッドアクセル成功が目標」という羽生選手、来季への希望をつないでーー。

そこで、これまで羽生選手の笑顔を紹介してきた本誌厳選の「ユヅ・スマイルショット」をプレイバック!

■今シーズンのロックなユヅに新たな魅力を感じた人も多かったはず ■ジャンプのミスは、なんと練習中に自分で跳んで作った穴が原因! ■いつものプーさんは、今シーズンもユヅの笑顔を守ってくれました。 ■大注目された幼少期の激カワユヅうちわ。グッズ化希望の声多数! ■ソーシャルディスタンスを支える観客風パネルを見てニッコリ♪ ■14日間に及ぶ隔離期間直後の公式練習で「足がフワフワ」 ■演技終了直後、珍しくV! みんなのハートをわしづかみでした ■大きなミスにも「やってきた準備に失望はしていません」 ■肩を落として口をとがらせるユヅ。うっかり見せた姿にキュン♪ ■練習中に転んではにかみ♪ リラックスした様子がうかがえます ■氷上の人魚? アザラシ?(笑) 演技中とのギャップにドキッ!

苦しかった今シーズン、最後に見られた羽生選手の笑顔に希望が見えました!

「女性自身」2021年5月4日号 掲載